もう好きじゃなくなったと思う心理、嫌いじゃないけど好きじゃない




あんなにも好きだったのに気持ちは冷めたな

もうどうでも良くなった・・・

そう感じる時もありますね。

「もう好きじゃなくなった」と感じる心理

恋愛において、価値観や考え方の違いは大きな障壁となります。

恋人に対して、不満や失望を感じることも、愛情が冷める原因となります。例えば、浮気や借金などの裏切り行為、自分勝手な言動、思いやりのない態度などです。このような行為や態度を目の当たりにすると、相手に対する信頼や尊敬を失い、愛情も冷めていくことがあります。

恋人との付き合いが長くなるにつれて、新鮮さが失われ、マンネリ化してしまうこともあります。また、仕事や転勤などの環境の変化によって、恋人との関係に変化が生じることもあります。このような場合、恋人に対して魅力を感じなくなり、愛情が冷めていくことがあります。

相手への興味関心が薄れる

一緒にいても楽しくない

会話が噛み合わなくなったり、一緒にいても退屈になったりする。

相手を嫌いになったり、憎んだりする
相手に対してマイナスの感情を抱くようになる。

なにかの原因で相手に対して失望するような出来事があったり、

自分が思うような理想の人ではないと感じた。

時間が経つ中で、今までは会いたくて仕方ないと感じていたけれど、

次第に恋愛感情というものがなくなってきたように感じる。

相手が別の異性と過ごしていたとしても、別に気にならない。

また、自分自身に他にステキだなと思うような人がいる場合は、もう気持ちがだんだんと冷めている傾向です。

相手の連絡や誘いを断る

恋人との時間を減らす

恋人のことを考えなくなった

以前ほど、会いたいとも思わなくなってきた。

会えなくても平気だ。

相手に会うことよりも、別のことをしたいと思うようになった、

まだ寝ているほうが有意義な時間だと感じる。

このように感じてしまう時には、もうすでに相手への気持ちは完全に冷めています。




Translate »
テキストのコピーはできません。