歯が黄ばむ食べ物飲み物ランキング、白くきれいな歯になりたい、歯が黄色い時の治し方




歯が黄色いことで悩んでいる人は多いものです。

歯は白いほうが清潔感があっていいですよね。

話している時に見えた歯が黄色かったり、タバコのヤニなどがついていたら、
残念です。

芸能人は歯が命、というCMがありましたが、
全国民、歯は命です!!




歯が黄ばむ飲み物ランキング

1位:紅茶
2位:コーヒー
3位:赤ワイン
4位:ビール
5位:カレー
6位:トマトソース
7位:レモン汁
8位:コーラ
9位:ジュース(濃い色のもの)

これらの飲み物は、いずれも色素やタンニンなどの成分を多く含んでいるため、歯の表面に付着して黄ばみの原因となります。特に、紅茶やコーヒーは、カフェインとタンニンの両方を多く含んでいるため、歯への着色が非常に強いといわれています。

また、酸性の強い飲み物も、歯の表面を溶かしてエナメル質を傷つけるため、黄ばみの原因となります。赤ワインやビール、ジュース(濃い色のもの)などは、酸性の強い飲み物に含まれます。

歯の黄ばみを防ぐためには、これらの飲み物を控えたり、飲んだ後はすぐに歯磨きをするなどの対策が必要です。また、歯科医院でホワイトニングを行うことも有効です。

具体的な対策

紅茶やコーヒーなどの濃い色の飲み物は、ストローで飲むようにする。
食事中の飲み物は、水や無色の飲み物にする。
飲み物を飲んだ後は、すぐに歯磨きをする。
歯科医院で定期的にクリーニングを受ける。
これらの対策を心がけることで、歯の黄ばみを予防することができます。

歯が着色しにくい飲み物


無色のジュース
炭酸水
ミルク
果物や野菜のジュース(濃い色のものは除く)
ハーブティー
緑茶(ほうじ茶など)
ルイボスティー
これらの飲み物は、色素やタンニンなどの着色成分をほとんど含んでいないため、歯の表面に付着しにくく、黄ばみの原因になりにくいと考えられています。

特に、水は着色成分を含まないため、歯の黄ばみを防ぐためには最も効果的な飲み物といえます。また、ミルクは歯の表面をコーティングして、着色成分の付着を防ぐ効果があるといわれています。

なお、カフェインやタンニンを含んでいる飲み物でも、濃度が低ければ着色しにくくなります。そのため、コーヒーや紅茶を飲む場合は、濃度を薄くしたり、ストローで飲むようにしたりするとよいでしょう。

歯の黄ばみを防ぐためには、飲み物だけでなく、食べ物やタバコなどの習慣にも気をつけることが大切です。また、歯磨きや歯科医院での定期的なクリーニングも欠かせません。

ホワイトニング歯磨き粉を使って歯磨きをする。

歯の黄ばみが気になる場合は、市販のホワイトニング歯磨き粉やホワイトニングシート、
ジェルを使用することも一つの方法ですが、歯科医院でホワイトニングを行う方法もあります。




Translate »
テキストのコピーはできません。