本ページにはプロポーションが含まれています

化粧してるのにしてないと言われる?メイク薄いと言われる、化粧濃くならないなぜ?化粧しても変わらない原因

シェアする





化粧してるのにすっぴんに見える、という場合、大きく分けて2つの原因が考えられます。

1つは、ベースメイクが薄すぎることです。

ベースメイクは、肌の色ムラやくすみなどをカバーし、肌を均一に整える役割があります。

しかし、ベースメイクが薄すぎると、肌の色ムラやくすみがそのまま見えてしまい、すっぴんに見える原因となります。

もう1つは、メイクのテクニックが足りないことです。

アイメイクやチーク、リップなどのポイントメイクは、ベースメイクと組み合わせることで、
メイクした感を出すことができます。

しかし、メイクのテクニックが足りないと、ポイントメイクが浮いてしまい、
すっぴんに見える原因となります。

具体的には、以下の点に注意することで、化粧してるのにすっぴんに見えるのを防ぐことができます。




ベースメイクは、肌の色ムラやくすみをしっかりカバーするようにしましょう

メイクのテクニックが足りない場合、ポイントメイクが浮いてしまい、すっぴんに見える原因となります。アイメイクやチーク、リップなどのポイントメイクは、ベースメイクと組み合わせることで、メイクした感を出すことができます。しかし、メイクのテクニックが足りないと、ポイントメイクが浮いてしまい、すっぴんに見える原因となります。

自分に合ったメイク方法やコスメを見つけられていない場合、メイクがうまく映えない場合があります。自分の肌質や顔の形に合ったコスメを選ぶことで、より自然で美しいメイクをすることができます。

具体的には、以下の点に注意することで、メイクが薄く見えないようにすることができます。

ベースメイクは、肌の色ムラやくすみをしっかりカバー。

ファンデーションを塗る際は、スポンジやブラシなどを使って、肌にしっかり密着。

コンシーラーは、気になる部分にだけ、適量を塗る。

パウダーは、テカリを抑える程度に、薄く塗る。

アイメイクは、アイシャドウをグラデーションになるように塗り、立体感を出す。

アイラインは、目の形に合ったものを選び、自然に引く。

マスカラは、まつ毛を根元からしっかり上げ、ボリューム感を出す。

チークは、顔の中心から外側に向かって、自然に広げる。

リップは、唇の輪郭を丁寧に描き、色をしっかりのせる。

また、メイクの方法やコスメは、肌質や顔の形、好みなどによって異なります。

自分に合ったメイク方法やコスメを見つけるためには、いろいろ試してみることが大切です。

また、自分に合ったメイク方法やコスメを見つけることも大切です。自分の肌質や顔の形に合ったコスメを選ぶことで、より自然で美しいメイクをすることができます。

化粧してるのにすっぴんに見えることは、必ずしも悪いことではありません。

ナチュラルなメイクが好みの方や、メイクをあまり濃くしたくない方にとっては、むしろメリットになる場合もあります。
メイクが濃く見えるよりも、自然体なほうが好きな人はいます。




シェアする

Translate »