新NISAわかりやすく解説、積み立て投資

新NISA(ニーサ)のつみたて投資枠は、
長期的な資産形成を目的とした投資枠です。

年間120万円まで非課税で投資でき、
投資対象は、金融庁が定める「つみたてNISA対象商品」に限定されます。

「つみたてNISA対象商品」

インデックスファンドは、日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動することを
目指す投資信託です。

指数全体のパフォーマンスに投資できるため、
個別株に比べてリスクが低いと言われています。

アクティブファンドは、ファンドマネージャーが独自に銘柄を選んで運用する投資信託です。

インデックスファンドよりも高いリターンを目指せますが、リスクも高くなります。

新NISAのつみたて投資枠で積み立て投資を行うメリット

非課税で投資できる
長期的な資産形成に適している
少額から始められる

非課税で投資できるため、通常よりも多くの利益を期待できます。
また、長期的な資産形成に適しているため、老後の資金準備などにも活用できます。

さらに、少額から始められるため、投資初心者にもおすすめです。

新NISAのつみたて投資枠で積み立て投資を行うデメリット

投資対象商品が限定される
年間投資枠が120万円に制限される

投資対象商品が限定されるため、自分の投資スタイルに合わない
商品を選ぶ可能性があります。

また、年間投資枠が120万円に制限されるため、
それ以上の金額を投資したい場合は、他のNISA口座や一般口座を利用する必要があります。

新NISAのつみたて投資枠で積み立て投資を行う際

投資の目的やリスク許容度を明確にする
投資対象商品を慎重に選ぶ
長期的な視点で投資を行う

投資の目的やリスク許容度を明確にすることで、
自分に合った投資対象商品を選ぶことができます。

また、長期的な視点で投資を行うことで、
短期的な市場の動揺に惑わされずに資産形成を進めることができます。

新NISAのつみたて投資枠は、長期的な資産形成を始めるのに最適な制度です。
自分に合った投資対象商品を選んで、コツコツと積み立て投資を行っていきましょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。