失恋して胸が苦しいのはなぜ?えぐられるような胸の痛み・・・この辛さはいつまで続くの?





失恋の辛さは、人によって、経験によって、様々です。

どんな失恋でも、
胸がえぐられるような痛みを感じるものです。

失恋の痛みは、すぐに消えるものではありません。
むしろ、最初はとても辛くて、立ち直れないと感じるかもしれません。

辛すぎて、耐えられず本当にこの世を去ってしまう人もいるのが失恋・・・

この世の苦しみの1つとして、愛する人と別れなければならない苦しみが
誰にでもあるんですよね。

どんな人ともお別れは来るのです。悲しいけれど・・・

出会いあれば別れあり・・です。

時間はかかっても、必ず立ち直れる

失恋の痛みは、時間がかかっても必ず癒えます。

失恋の辛さを乗り越えるためには時間が必要です。

切り替えの速さにもよりますが、1週間ほどは死ぬほどつらいですよね。

特に別れた当日は、本当に消えたくなるほど・・・

1週間は食欲もなくなり、寝れず、辛すぎて、痩せてしまう人もいるほどです。

体重が減り、人によっては、味覚障害になる人もいるほどなのだから。

失恋は、本当に辛く苦しいものです。

本当に好きだった思いがあるからこそ・・

失恋は、決して無駄な経験ではありません。

1年も経てば、徐々に辛い思いは消えていきます。

失恋を通して、自分自身を成長させることができます。

失恋は、誰にでも起こるものです。

あなたは一人ではありません。

周りの人に支えられながら、失恋の痛みを乗り越えていきましょう。

失恋を乗り越えた先に、より素敵な未来が待っています。

失恋して胸が苦しいのは、
脳が失恋を「喪失」と捉え、痛みや悲しみなどの感情を伴う反応を起こしているためです。

ドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質の分泌量が減少
扁桃体や海馬などの感情に関わる脳部位が活性化
前頭前皮質などの理性に関わる脳部位の活動が低下

これらの症状は、「愛する人との絆を失った」という喪失感に対する自然な反応です。




Translate »
テキストのコピーはできません。