マウント取られたら勝ち?マウント取られやすい人の特徴と対処法





マウントを取る人は、誰にでもマウントを
取るわけではありません。

ターゲットとなる人を選んでいます。

マウント取られやすい人の特徴

1. 自己主張が弱い

自分の意見をあまり主張せず、
相手の意見に流されやすい人は、マウントを取られやすいです。

2. 謙虚すぎる

自分の能力や経験を過小評価し、
相手を持ち上げすぎる人は、マウントを取られやすいです。

3. 承認欲求が強い

他人に認められたいという気持ちが強い人は、
マウントを取られることで自信を失いやすいため、ターゲットになりやすいです。

4. 人の話をよく聞く

人の話をよく聞き、共感しやすい人は、
マウントを取る人にとって話を聞いてもらう対象として好都合です。

5. ネガティブ思考

自分のことを否定的に捉え、他人と比べて
落ち込みやすい人は、マウントを取られやすいです。

マウント取られやすい人の対処法

1. 自己肯定感を高める

自分の良いところを認め、自信を持つことで、
マウントを取られても動揺しにくくなります。

2. 自分の意見を言う

自分の意見をしっかりと言うことで、相手につけ入る隙を与えません。

3. 相手の言葉に流されない

相手の言葉に流されず、自分の意見をしっかり持つことが大切です。

4. 距離を置く

マウントを取る人とは、できるだけ距離を置くことで、
マウントを取られる機会を減らせます。

5. 聞き流す

マウントを取ってくる人の話は、聞き流すことも大切です。

6. ユーモアで返す

マウントを取ってくる人の言葉を、ユーモアで返すことで、相手をやり過ごすこともできます。

マウント取られやすい人は、決して悪いわけではありません。

むしろ、優しい人や聞き上手な人が多いです。

しかし、マウントを取られることで、自信を失ったり、

ストレスを感じたりすることがあります。

マウント取られやすい人のためのヒント

自分と他人を比べない
自分の良いところを認める
小さな成功体験を積み重ねる
ポジティブ思考を心がける

マウント取られたら勝ちかどうかは、
状況やマウントの内容によって異なります。

マウントを取られたら負け

マウントを取られたことで、相手より優位に立たれてしまったと感じ、
自信を失ったり、ストレスを感じたりする場合は、負けと言えます。

マウントを取られたら勝ち

マウントを取られたことに動揺せず、冷静に対処することで、
相手をやり過ごすことができたり、自分の成長に繋げることができれば、勝ちと言えます。

マウントの内容によっては、勝ち負け関係ない場合もある

マウントの内容によっては、単なる自慢話や冗談の場合もあり、
勝ち負けを意識する必要はありません。

マウントを取られたら、勝ち負けよりも、自分がどう感じるかに注目することが大切です。

マウントを取る人への対処法としては、

聞き流す
適当に相槌を打つ
話題を変える
距離を置く
などがあります。

マウントを取られることは誰にでも起こりえます。

マウントを取られたら負けだと思ってしまうのではなく、
自分の気持ちに正直になり、自分自身を大切にすることが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。