会いたくない時に限って偶然会う法則?

会いたくない時に限って会う、という現象は
なんなんでしょう・・・

引き寄せの法則

引き寄せの法則とは、自分の思考や感情が現実を引き寄せるという法則です。

つまり、会いたくない人のことを強く意識していると、
その人を引き寄せてしまうということです。

例えば、すっぴんボサボサの日に限って、
会いたくない知り合いに会うという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

これは、すっぴんボサボサの自分を見られたくないという思いが、
会いたくない人を引き寄せてしまったと考えられます。

確率の問題

会いたくない人にも、日常生活の中では必ずと言っていいほど遭遇します。
しかし、会いたくない人のことを意識していると、
その人の存在をより強く意識するため、遭遇したと感じやすくなります。

ある人のことを1日に10回見かけるとします。

しかし、その人のことを全く意識していない場合、
その10回のうち、自分がその人に気づくのは1回程度かもしれません。

しかし、その人のことを強く意識している場合、
その10回のうち、自分がその人に気づくのは5回程度になる可能性があります。

潜在意識の働き

潜在意識とは、意識の奥底にある無意識の領域です。
潜在意識には、自分の過去の経験や記憶、思考、感情などが蓄積されています。

会いたくない人のことを強く意識していると、
その人の存在が潜在意識に刻み込まれます。

すると、潜在意識がその人を引き寄せようとする働きが働き、
実際にその人に会う機会が増える可能性があります。

このように、会いたくない時に限って会う現象には、
いくつかの考え方があります。

いずれにしても、会いたくない人のことを強く意識することは、
その人を引き寄せてしまう可能性があるということを覚えておくとよいでしょう。

もし、会いたくない人に会ってしまった場合は、
できるだけ素早くその場を離れるようにしましょう。

また、その人のことを意識しないように、他のことに気を取るのも効果的です。






Translate »
テキストのコピーはできません。