両思いだったのにすれ違い付き合えない・・・

両思いなのにすれ違うことは、
恋愛においてよくあることです。

数十年後に、後悔する人も多いです。

あの時、戻って
好きだと言えたら、
なにかが変わってたのかなぁ・・・

今とは違う未来があったのかな

もしかして両想いで、あの時、幸せな気持ちになれたのかな・・・

そんな風に思っても、もう遅い。

あの時にはもう戻れないのです。

好きな相手だからこそ、振られた場合に関係がギクシャクするのが怖くて
告白できないという人がいます。

相手が自分に対して好意的に接してくれても、
「振られるのではないか」という不安をぬぐい切れず、
なかなか告白できません。

そのため、両思いなのに気持ちを確かめ合うことができないまま時間が過ぎてしまいます。

長い間友達として付き合っていると、
恋愛感情を抱いていることに気づかなかったり、
友達のままの関係で満足してしまったりすることがあります。

また、友達としての信頼関係を壊したくないという思いから、
告白をためらうこともあるでしょう。

両思いでも、現状の関係で満足しているから、
あえて告白せずに関係を維持しているというケースもあります。

例えば、同じ職場の同僚や、同じサークルの仲間など、
恋愛関係に発展すると、仕事や趣味に支障が出てしまうことを
懸念しているのかもしれません。

恋愛経験が少ない人は、告白の仕方や、
振られたときの対応など、
何をすればよいのかわからないという不安から、
告白をためらうことがあります。

仕事や勉強、趣味など、忙しい生活を送っていると、
恋愛に時間や労力を割く余裕がないことがあります。

また、相手も同じように忙しく、なかなか会う機会や連絡を取り合う時間がないこともあるでしょう。

両思いでも、どちらかに交際相手がいる場合は、
不倫や浮気になってしまうことを懸念して、
告白をためらうことがあります。

また、既婚者の場合は、相手の家族や友人に知られることを恐れて、
告白をためらうこともあるでしょう。

両思いなのにすれ違いてしまった場合

まず、自分の気持ちを整理することが大切です。

相手を好きだという気持ちは、本当に本心なのか、
それとも単なる憧れなのかを自問自答しましょう。

自分の気持ちが確固たるものであれば
相手に告白することを検討しましょう。

告白するときは、相手を傷つけないように、
丁寧に言葉を選んで伝えることが大切です。

また、振られた場合のことも覚悟しておきましょう。

告白する勇気がなければ、まずは相手ともっと仲良くなることから始めてみましょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。