SNSをやらない人はモテる?

フェイスブックやインスタ。

写真を載せたり、日々のことをアップしている人は多い。

その中でも、SNSをそもそもやらない人もいる。

SNSをしない人は、モテる傾向にあると言えます。

その理由としては、
リアルなコミュニケーションを大切にしているからです。

SNSは、文字や画像、動画などの情報を、リアルタイムで
多くの人と共有できる便利なツールです。

しかし、一方で、SNSに依存するあまり、
リアルなコミュニケーションを疎かにしてしまう人も少なくありません。

SNSをしない人は、リアルなコミュニケーションを大切にしている人が多い傾向にあります。

そのため、会話が弾む、一緒にいて楽しい、頼りになるなどの印象を与え、
異性から好感を持たれやすいのです。

SNSは、自分の生活や考えを多くの人に見せることで、
承認欲求を満たすことができます。

しかし、承認欲求が強い人は、自分をよく見せようとしたり、
他人と比べたりすることに執着しがちです。

SNSをしない人は、承認欲求が低い傾向にあります。
自分の内面を大切にし、
ありのままの自分を受け入れることができるのです。

異性から好感を持たれる要因の一つになっていると考えられます。





SNSをやらない人の特徴

SNSは、人とつながり、コミュニケーションをとるために欠かせないツールになりつつあります。

しかし、SNSをやらない人は、そもそも人とつながることに興味がない傾向があります。
SNSを使ってわざわざ他人とつながる必要性を感じていません。

SNSは、自分の生活や考えを他人に共有するためのツールです。
SNSをやらない人は、自分のプライベートを他人に知られたくないという意識が強い傾向があります。

また、自分の生活や考えを他人と共有することに興味がない人もいます。

SNSは、流行やトレンドの情報がすぐに拡散されるため、
周囲に流されやすいという側面があります。

SNSをやってはいないけど、必要があれば見るだけ、読むだけ、という人もいたりします。

美味しそうな食べ物やきれいな風景を見るのは楽しい。

気になっていた場所に行っている人の情報や、今何が売っているのか知りたい時には
チェックするという人もいますね。

コンビニの新商品などは、今どんなものが売っているのか、まずは調べてから
買いに行きたい人もいますよね。

一人でいることが好き
対面でのコミュニケーションを大切にする
自分のペースで物事を進めたい
流行やトレンドに興味がない
情報収集は信頼できるメディアや人に頼る

SNSは便利なツールですが、使い方によっては、時間の浪費やストレスの原因になることもあります。

SNSをやらないことは、自分にとって最適な生き方の一つであると言えるでしょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。