ホワイトデーのお返しに飴ちゃんキャンディを贈る意味




バレンタインデーに好きな人に贈ったチョコレート。

ホワイトデーになにかお返しが貰えるかもしれないと
ドキドキしますね。

そういえば、山田優さんと小栗旬さんは、バレンタインデーにチョコを送り
ホワイトデーからお付き合いが始まったと言われています。

なんだか、それもいいですね。

もともと両想いの予感はあったのかもしれませんが、その1か月間はドキドキですね。

キャンディーをお返しされた時の意味とは・・・?

「あなたが好きです」という意味です。キャンディは甘く、口の中に溶けるように溶けることから、愛情のこもった気持ちや、甘い関係を築きたいという気持ちを表すことができます。

また、「ふたりの関係は割れない・長続きする」という意味です。
ロマンがありますね(*´ω`)

キャンディは硬くて割れにくく、口の中でいつまでも残ることから、この意味が込められます。

つまり、ホワイトデーにキャンディを贈ることは、相手への愛情や好意を表現し、さらにはふたりの関係を長続きさせたいという気持ちを表すことができます。

また、キャンディの種類によっても、込められる意味が少し異なります。

例えば、チョコレートキャンディは「甘い恋」や「幸せな結末」を意味し、
ハート型のキャンディは「愛情」や「永遠の愛」を意味します。




Translate »
テキストのコピーはできません。