男性にダメージを与える別れ方、一番最低に感じるやってはいけない別れ方





お付き合いしている人との別れを考える時もありますよね。
もう別れたいな・・・

しかし、お別れにも礼儀というものがあります。
相手を傷つけないマナーですね。

男にダメージを与える別れ方とは、その男のプライドを傷つけたり、
自尊心を低下させたり、自信を失わせたりするような別れ方です。

突然、一方的に別れを切り出された場合、男は「自分は愛されていないのか」「何がいけなかったのか」と、不安や焦り、怒りなどの感情にさいなまれることになります。
話し合いもなくいきなり音信不通になる、
いきなりいなくなる、というのは、お付き合いしている人との関係ではわりとひどいです。

最初から好きではなかった、というような言い方も良くないです。
好きではないとしても、あまり言わないほうがいい言葉なので、
無難に他に好きな人ができた、ならまだマシです。
しかし、最初から好きでもない、という付き合いを全否定するような言葉はひどいです。

あまりにひどい別れだと相手から恨まれたりします。
また、もう恋愛は辛いからしたくないと、相手の心にトラウマができてしまいます。

どちらにせよ、別れは誰にとっても辛いものです。
どんな言葉でも、相手を傷つけてしまったり、悲しい思いをさせることには
かわりません。

それから別れるからといって、今までに嫌だと感じたことをすべて言うとか
相手のせいにする、とかですね。

もちろん、男によってダメージを受ける別れ方には個人差があります。

別れる前に、きちんと話し合いをする
別れの理由をはっきり伝え、相手の気持ちを尊重した上で別れ話をするようにしましょう。

自分が傷ついたとしても、相手を悪く言わない
別れ話は、お互いが傷つくものです。しかし、相手を悪く言ったり、責めたりすることで、さらに相手の傷を深めることになります。

男にダメージを与えない別れ方は、お互いが納得して別れることができるような別れ方です。
きちんと顔を見て、会って言うべきです。

そのためには、お互いに誠実に話し合い、相手の気持ちに寄り添うことが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。