なんであんなにも好きだったんだろうと自分でも不思議に思うことがある・・・


あんなに好きだったのに、どうして…と
気持ちの変化に戸惑うのは辛いものです。

その気持ち、とてもよく分かります。

1. 理想化していた

恋愛初期は、相手の良い部分ばかりに目が行き、理想化してしまうことがあります。しかし、時間が経つにつれて、相手の欠点や自分との価値観の違いが見えてきて、気持ちが冷めてしまうことがあります。
よく考えたら、好きだったのは顔だけ。雰囲気や外見だけ。で他はなにも知らない・・・ということもあります。

2. 自分自身が変わった

時間とともに、自分の価値観や好みが変わることがあります。
以前は魅力的に感じていたものが、今はそうではなくなってきたということもあるでしょう。

3. 他の人と比べてしまった

他の人と比べて、相手の魅力が相対的に低く
見えてしまうことがあります。

4. マンネリ化

長期間付き合っていると、関係がマンネリ化して、
新鮮味がなくなってしまいます。

5. 相手の裏切り

相手が浮気や嘘をつくなど、信頼を裏切るような行為を
してしまった場合、気持ちが冷めてしまうことがあります。

優しい人だと思っていたのに、意外に対応が冷たかったり、
既読スルーをするような人だったりすると、なんであんな人が良かったんだろう。。。

もしかして本当は性格悪いのかな・・・状況がひどい時には逃げる卑怯なタイプだったのか・・
意外に誠実じゃない人だったな・・・と相手の器が小さいと感じた時
なにがよかったのかさっぱり謎です。








Translate »
テキストのコピーはできません。