会話中にスマホは脈なし?

会話中にスマホを触られると、脈なしサインだと感じてしまうことがありますよね。
確かに、脈なしの可能性もありますが、必ずしもそうとは限りません。

状況別の判断基準

1. 相手がスマホを触る頻度とタイミング

頻繁にスマホを触り、話に集中していない様子であれば、脈なしの可能性が高いです。
一方、重要な連絡を待っている場合や、
仕事の合間に話している場合は、脈なしとは言い切れません。

2. スマホを触る際の態度

スマホを触りながら話を聞いていたり、
すぐに返信しようとしていたりする場合は、脈なしの可能性があります。

一方、触った後にすぐに話を戻ってきて、
真剣に聞いてくれる場合は、脈なしとは言い切れません。

3. 会話の雰囲気

会話が盛り上がっている時にスマホを触られると、脈なしの可能性が高いです。

一方、会話が途切れていたり、
もともとあまり盛り上がっていない場合は、脈なしとは言い切れません。

脈なしサインの見分け方

会話中に目を合わせてくれない
相槌が適当
早く話を切り上げようとする
自分の話ばかりする
質問に対してあまり答えてくれない

脈なしと判断した場合の対処法

無理に会話を続けようとせず、潔く切り上げる
他の人と話すなど、別のことに集中する
相手に脈がないことを悟られず、自然に距離を置く

会話中にスマホを触られると、脈なしサインだと感じてしまうのは当然です。

しかし、状況や態度によっては、脈なしとは言い切れない場合もあります。

相手をよく観察し、総合的に判断することが大切です。

もし脈なしと判断した場合は、無理に関係を続けようとせず、潔く身を引くことも大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。