人生に行き詰まった時に読む小説





登場人物の葛藤や悩みに共感できる

人生に行き詰まっているとき、誰もが同じような葛藤や悩みを抱えています。

そんなときに、登場人物の葛藤や悩みに共感できれば、
自分一人ではないと感じ、気持ちが楽になることがあります。

新たな気づきや勇気を与えてくれる

人生に行き詰まったときには、新しい視点や考え方を得ることで、
前向きな気持ちを取り戻すことができます。

そんなときに、新たな気づきや勇気を与えてくれる小説を読めば、
人生を前向きに歩むためのヒントが得られるかもしれません。

読みやすい

人生に行き詰まっているときには、集中力が落ちていることがあります。
そんなときには、読みやすく、すらすらと読める小説を選ぶと、心地よく読むことができます。

「羅生門」(芥川龍之介)
人生の真実や価値観について深く考えさせてくれる作品です。

「三四郎」(夏目漱石)
恋愛や就職などの悩みを抱える青年の姿を描いた作品です。

「嫌われる勇気」(岸見一郎、古賀史健)
幸福とは何か、人生の意味とは何かを問う哲学書です。

「星の王子さま」(サン=テグジュペリ)
大切なものは目に見えないということを教えてくれる作品です。

自分の興味や関心に合った作品を選ぶことが大切です。

恋愛小説

「失恋ショコラティエ」(水城せとな)

「君の膵臓をたべたい」(住野よる)

「恋空」(宇都宮孝明)

社会派小説

「人間失格」(太宰治)

「ノルウェイの森」(村上春樹)

「1Q84」(村上春樹)

SF小説

「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治)

「スター・ウォーズ」シリーズ(ジョージ・ルーカス)

ファンタジー小説

「ナルニア国物語」シリーズ(C・S・ルイス)

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(J・R・R・トールキン)

ミステリー小説

「ガリレオシリーズ」(東野圭吾)

「探偵物語」(松本清張)

ノンフィクション

「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー)

「人はなぜ働くのか」(岸見一郎、古賀史健)

「成功の条件」(大前研一)

人生に行き詰まったときには、一人で抱え込まず、
信頼できる人に相談したり、小説や映画などを通じて、
自分以外の視点や考え方に触れたりすることも大切です。




Translate »