なんとなく苦手な人がいる・・・なぜ?特定の人にイライラする原因とは




相手の言動や態度が、自分の価値観や信念と相反する

自分は正直で誠実な人間であると思っているのに、
相手は嘘をついたり、人の悪口を言ったりするような言動をとると、
苦手意識を抱いてしまうことがあります。

思ったことをすぐに口に出してはいけない
人を傷つける言葉を平気で言ってはいけないと信念を持つ人は、
平気で他人を傷つける言葉を
口に出す人には嫌悪感を感じます。

また、自分は周囲の人と協調して物事を進めていくことを大切にしているのに、
相手は自分の意見を押し通そうとするような態度をとると、
苦手意識を抱いてしまうことがあります。

相手の雰囲気やオーラが、自分に合わないと感じる

自分は明るく元気な雰囲気の人が好きなのに、
相手は暗く陰気な雰囲気の人だと、
苦手意識を抱いてしまうことがあります。

また、自分は落ち着いた雰囲気の人が好きなのに、
相手はせっかちで慌てているような雰囲気の人だと、
苦手意識を抱いてしまうことがあります。

自分の過去の経験やトラウマが、相手の言動や態度と結びついて、苦手意識を抱く

過去に嘘をつかれた経験がある人が、
嘘をつかれるような言動をする人を見ると、
苦手意識を抱いてしまうことがあります。

また、過去に嫌な思いをさせられたような態度をする人を見ると、
苦手意識を抱いてしまうことがあります。

また、苦手な人に対する感情は、相手に対する考え方や認知の仕方に
よっても変わってきます。

相手の言動や態度を「悪い」と捉えると、苦手意識が強くなります。

一方で、相手の言動や態度を「違う考え方」と捉えると、
苦手意識が弱くなる傾向があります。

このように、なんとなく苦手な人がいる理由は、人それぞれです。

嫌いだ、苦手だ、と思うと、相手の嫌な部分しか見えませんが、
あの人って、結構話すと面白いな、無口な人だけど人を傷つける言葉は聞いたことがないな。

物静かで、あまり話さない人だけど、奥さんに一途で大事にしているなぁ。

お年寄りなどにも優しい、

噂では怖い人だと聞くけど、災害時には速攻で物資を運んだり、ボランティアに行くなど
勇敢な人だな

普段努力しているのに、自慢をすることもなく傲慢ではない態度がいいな
など良い面を見ようとすれば、
いくらでも人のいい所は発見できます。

自分の苦手意識の原因を理解することで、
相手に対する考え方や接し方を変えることができるかもしれません。




Translate »
テキストのコピーはできません。