怒りは悲しみの裏返し?怒りのエネルギーが強い人

怒りの感情は、自分の思いや願いが阻害されたり、

自分の価値観や信念に反するような出来事が起こったりするときに生じます。

大切な物を壊されたとき、
自分の意見を否定されたとき、
大切な人を失ったときなどに、怒りを感じやすくなります。

このような怒りの感情の裏側には、
実は悲しみの感情が隠れていることが多いと考えられています。

怒りは、悲しみや寂しさ、不安などのネガティブな感情を
抑圧するために、表に出てきた感情であるというのです。

大切な物を壊されたとき、怒りを表現することで、
自分の怒りを相手にぶつけて、
自分の思いをわかってもらいたいという気持ちの表れであると考えられます。

しかし、その怒りの裏側には、大切な物を失ってしまったことに対する悲しみや、
大切な人を失ってしまったことに対する寂しさなどの感情が隠れている可能性があります。

また、自分の意見を否定されたとき、怒りを表現することで、

自分の意見を認めてもらいたいという気持ちの表れであると考えられます。

その怒りの裏側には、自分の価値観や信念を否定されたことに対する悲しみや、
自分自身を否定されたことに対する不安などの感情が隠れている可能性があります。

このように、怒りの感情の裏側には、実は悲しみや寂しさ、
不安などのネガティブな感情が隠れていることが多いと考えられています。

怒りを感じたときには、その怒りの裏側にある本当の気持ちに向き合うことが大切です。

怒りの裏側にある本当の気持ちに向き合うことで、
怒りをコントロールしやすくなったり、
怒りの原因を解決しやすくなったりする可能性があります。

また、自分の本当の気持ちに向き合うことで、自分自身をより深く理解することにもつながります。






Translate »
テキストのコピーはできません。