服をたくさん買ってしまう原因




服をたくさん買ってしまう・・・

いいと思うものはすべて欲しくなる。

気づけば、同じような色、似たデザインの服が家にたくさんあって、
こんなに似たようなもの買ってどうするの?と言われたりする・・・

服をたくさん買う癖を辞めたい!!
なぜ人は服を買ってしまうのか?

服を買うことで、自分をより良く見せたり、
自信をつけたりしようとする場合があります。

しかし、服を買うことで根本的な自己肯定感は高まらないため、
また新しい服を買いたくなる、という悪循環に陥ってしまいます。

服を買うことで、ストレスを解消しようとする場合があります。
しかし、服を買うことでストレスが解消されるのは一時的であり
また服を買うことで経済的な負担が増えることで、
かえってストレスを増大させる可能性があります。

流行に敏感な人は、常に新しい服を欲しがる傾向があります。
しかし、流行は常に変化するため、流行に敏感な人ほど、
すぐに着なくなった服が増えてしまいます。

服をたくさん買ってしまうのを防ぐためには

まずは、自分のクローゼットに何があるのかを把握しましょう。
着ていない服や、似たような服がたくさんある場合は、思い切って処分しましょう。

服を買う前に、本当に必要かどうかをよく考えてください。
衝動買いを避けるために、購入前に必ず冷静に考える時間をとりましょう。

服を買う際には、予算を決めておくと、無駄遣いを防ぐことができます。

流行を追いかけるのではなく、自分に合った服を選ぶようにしましょう。
自分に似合わない服を買ってしまうと、結局着なくなってしまう可能性が高いです。

また、服をたくさん買ってしまう原因が、自己肯定感の低下やストレス解消などの場合は、根本的な原因を解決するために、以下のようなことに取り組んでみましょう。

自分の良いところを認め、自分を肯定するようにしましょう。

服を買うこと以外に、ストレスを解消する方法を見つけましょう。
たとえば、運動や趣味など、自分に合ったストレス解消法を見つけると良いでしょう。

服をたくさん買ってしまうのは、決して悪いことではありません。
しかし、服を買うことで、経済的な負担が増えたり、
クローゼットが片付かなくなったりするなどのデメリットもあります。
服をたくさん買ってしまうのを防ぐことで、お金やスペースを節約し、
より充実した生活を送ることができます。




Translate »
テキストのコピーはできません。