いじめが減らない原因


昔からなぜいじめはなくならないのか?

世の中、不登校の学生も増えています。

いじめの認知や理解が不足しているため、いじめを見逃したり、
いじめをしても問題ないと誤解したりする場合があります。

いじめを助長する社会風潮があるため、
いじめを抑止する力が働きにくい傾向にあります。

例えば、いじめを「弱いものいじめ」と捉える風潮や、
いじめを「力関係の表れ」と捉える風潮などは、
いじめを助長する要因として挙げられます。

社会に出ても、パワハラが行われて、
仕事を辞める選択をする人もいるし、
最悪のケースは、突然この世からいなくなる、という選択を選ぶ人も絶えない・・・

いじめがあるのにもかかわらず、
学校全体で、いじめはなかった、と言われてしまっては、
どうすることもできません。

しかし、いじめに遭った子が亡くなっているのなら、
本人は辛い思いをしていたに違いありません。

知っていたけど知らないふり。

見てみぬふりをするまわりも良くはありません。

いじめは良くないよ、と勇気を出して言える子供が多ければ、
学校全体が変わるのではないかと思います。

例えば、いじめの予防教育やいじめ相談体制の整備が不十分な場合、
いじめを未然に防ぐことができず、いじめが深刻化してしまう可能性があります。

いじめを助長する社会風潮を改善するために、いじめを許さない意識を広める必要があります。また、いじめを弱いものいじめや力関係の表れと捉えるのではなく、社会問題として捉えるようにすることが重要です。

いじめ対策の体制を整備するために、いじめの予防教育やいじめ相談体制の充実を図る必要があります。
いじめの早期発見・早期対応を可能にするため、学校や教育委員会、行政の連携を強化することも重要です。

いじめは、子どもの心身に深刻なダメージを与える重大な問題です。
いじめをなくすためには、社会全体で取り組むことが不可欠です。








Translate »
テキストのコピーはできません。