一番好きな人とは結ばれない原因?好きすぎるとうまくいかない?




「好きすぎるとうまくいかない」というのは、
恋愛においてよく言われる言葉です。

好きすぎると、どうしても相手を理想化して見てしまう傾向があります。

相手の欠点や自分の気持ちの変化に気づきにくくなり、
関係がうまくいかなくなる可能性があります。

好きすぎると、相手に自分の気持ちを受け入れてほしいという気持ちが強くなります。

相手に自分の気持ちを押し付けてしまい、
相手を疲れさせてしまう可能性があります。

好きすぎると、相手のために自分を犠牲にしようとする気持ちが強くなります。

そのため、自分の気持ちや価値観を押し殺してしまい、
心が疲れ果ててしまう可能性があります。

相手に依存するようになる
嫉妬心や不安感が強くなる
相手に束縛するようになる
自分の意見や気持ちを押し殺すようになる

好きすぎることが必ずしも悪いわけではありません。
しかし、好きすぎるあまりに、自分や相手を苦しめてしまうこともあるのです。

恋愛は、お互いが対等な関係で、お互いの気持ちを尊重し合うことが大切です。
好きすぎる気持ちをコントロールしながら、相手と良い関係を築いていきましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。