推し活は推しから元気をもらうことで認知症予防にも効果がある?




推し活は、アイドル、俳優、アニメ・漫画・ゲームのキャラクター、
鉄道など、自分の好きな対象を応援する活動です。

近年では、シニア世代の推し活も盛んになりつつあります。
90代でも推し活をしている人もいるというから驚き!!!




推し活が認知症予防に効果的であると考えられる理由

推し活は、情報を収集したり、推しの活躍を応援したりする過程で、
脳のさまざまな機能を活性化します。

推しの情報を収集する際には、記憶力や注意力、
問題解決能力などが求められます。

また、推しの活躍を応援する際には、感情をコントロールする能力や、
コミュニケーション能力などが求められます。

これらの能力を活性化することで、認知症のリスクを低下させる効果が期待できます。

推し活は、生きがいややりがいを感じられる活動です。

生きがいがあると、心身の健康維持につながるだけでなく、
うつ病や認知症などのリスク低下にもつながると考えられています。

社会とのつながりの維持 推し活を通して、
同じ推しを応援する仲間と交流する機会も増えます。

社会とのつながりを維持することは、認知症の予防に重要であるとされています。

推し活ばかりに熱中して、十分な睡眠や栄養を摂取しないなど、
生活習慣を乱してしまっては、逆に認知症のリスクを高めてしまう可能性があります。

推し活を楽しみながらも、心身の健康に配慮することが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。