推し活は報われないから馬鹿らしい?

推し活にお金や時間をかけすぎると、
生活に支障をきたす可能性があることです。

推し活には、コンサートやイベントへの参加、
グッズの購入、SNSでの交流など、さまざまな活動があります。

これらの活動にどれだけお金や時間を費やすかは個人の自由ですが、
度を過ぎると生活に支障をきたす可能性があります。

例えば、コンサートやイベントへの参加のために仕事を休んだり、
グッズ購入のために貯金を切り崩したりするような場合です。

会社を休んだり、辞めたり、
推し活のために生活を犠牲にするのは良くないことですね。

以前、お気に入りの人に投げ銭を数万円ほどしたことで、
生活が破綻した、という人がいましたが、そこまでするのは良くはないことですね。

また、推しのイベントが休日にハワイで行われるからといって、

お仕事を辞めてまで行く人がいますが、それもあまり良くありません。

推し活のためにお金がなくなるというのも推しは嬉しくはないことだと思います。

推しはファンのために、生活のことまで責任取れないからです。

また、推し活に依存症に陥る可能性があるということです。

推し活は、ストレス解消や気分転換になります。

好きな人を見ているだけで気持ちが嬉しくなるものですね。

しかし、推し活に依存してしまうと、
日常生活に支障をきたす可能性があります。

例えば、推し活のことばかり考えてしまい、
仕事や勉強がおろそかになったり、
推し活のためにお金を借りたり、
推し活以外のことに興味や関心が持てなくなったりするような場合です。

推し活が必ずしも馬鹿らしいとは限りません。

推し活を通じて、多くの人と交流したり、
新しいことに挑戦したりするなど、さまざまなメリットを得る人もいます。

しかし、推し活に過度に依存したり、
生活に支障をきたしたりするような場合は、見直した方が良いでしょう。

推し活を続けるかどうかは、個人の価値観や判断次第です。

推し活をする人の中には、推しと直接会話したり、
推しから自分の存在を認めてもらいたいと思う人もいます。

しかし、推しは仕事やプライベートで忙しく、
ファン一人ひとりに目を向けることは難しいものです。

そのため、推しからの反応が得られず、報われないと感じる人もいるでしょう。
推しもひとりの人なので、いずれは恋愛をしたり、電撃婚などもあるかもしれません。

推し活をする人の中には、推しが自分の理想通りの行動をしてくれることを期待する人もいます。

しかし、推しは人間であり、自分の理想通りに動いてくれるとは限りません。

そのため、推しが自分の期待通りにならないと、報われないと感じる人もいるでしょう。

推し活は、楽しみながら行うことが大切です。
歌を聞いていると、元気が出る。
テレビで活躍している姿を見るのが楽しい。
好きなものを応援することが生きがい、

コンサートに行くのが楽しみ、など推し活を楽しむ人は多いものです。

純粋に好きななにかがあるという生活は楽しいし、日々の生きがいにもなります。

しかし、推し活が苦痛になってきた場合は、無理に続ける必要はありません。






Translate »
テキストのコピーはできません。