10代で結婚した人の離婚率、若くして結婚することのデメリットとは




学生時代に付きあっている人と、
結婚する人も多いです。

10代で結婚する女性の多くは、デキ婚です。

デキ婚は、結婚を決める前に妊娠・出産してしまう結婚です。

デキ婚の離婚率が高い理由

交際期間が短いため、お互いをよく知らず、結婚生活への準備が不十分である。
経済的に自立しておらず、結婚生活を維持するのが難しい。
育児の負担が大きい。

また、10代で結婚した女性は、経済的な自立や子育てなどの課題に直面しやすく、
離婚に追い込まれるケースも少なくありません。

10代で結婚する際には、デキ婚のリスクや、結婚生活で直面する課題を十分に理解した上で、
慎重に判断することが大切です。

若くして結婚するデメリット

若くして結婚すると、経済的な不安が大きくなります。

学生結婚の場合、まだ経済的に自立していないため、結婚生活を維持するのが難しい場合もあります。また、社会人として働いている場合でも、年収が低いため、生活費や教育費などの支出を賄うのが大変になる可能性があります。

若くして結婚すると、自由が制限されます。

結婚後は、配偶者や子どもの世話に時間を割く必要があり、自分の趣味や仕事に費やす時間が少なくなってしまいます。

学生時代の友達は、まだ合コンに行ったり、彼氏と旅行やデートに行った、と聞いたりするのに自分は行けないと感じる。
飲み会やオールで遊び歩く自由な友だちが羨ましいと感じてしまう。

自分だけ子育てに追われ、遊びに行けない。

旦那さんは職場の人と付き合いで飲みにいったりしている。
仕事が忙しくて、一人になることも多い。
また、友人と遊ぶ機会も減り、孤立感を感じてしまう人も少なくありません。

若くして結婚すると、自分や相手のことを十分に理解していない可能性があります。結婚生活は、お互いの価値観や考え方を尊重し合いながら、協力して乗り越えていく必要があります。しかし、若くして結婚すると、まだ自分や相手のことを十分に理解できていないため、衝突やトラブルに発展する可能性が高くなります。

もちろん、若くして結婚しても、幸せな家庭を築くことは可能です。

しかし、デメリットを十分に理解した上で、慎重に判断することが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。