好きだけど好きと言えない、好きな人の前で素直になれない・・・さりげなく好きと伝える方法




好きだけど好きと言えない、というのは、とても切ない気持ちですね。

好きという気持ちは、とても大きなものです。

その気持ちが溢れんばかりになると、つい言葉にしてしまいたくなるものですが、

それが難しいこともあるでしょう。

好きと言えない理由は、人それぞれです。

相手に自分の気持ちを知られるのが恥ずかしい
相手に嫌われたくない
相手との関係が壊れてしまうのが怖い
本当に好きなのか、自分の気持ちがわからない

慎重な人や本気で好きであればあるほど、

好きという二文字は言えなくなる・・・というのはあるのだと思います。

しかし、相手から見ると、好意を示してくれないままだと、

自分のことは好きじゃないだろうな。。。

そこまでの想いはないのだろうと興味がないのだと思われ、別の人に気持ちが向いてしまう場合もあります。

自分の気持ちが整理できたら、相手に伝える勇気を持つことが大切です。

いきなり「好きです」と伝えるのは、ハードルが高いかもしれません。

まずは、相手に好意を持っていることをさりげなく伝えてみましょう。

例えば、

相手が話しているときに、じっと目を見つめる
相手を褒める
相手と過ごす時間を大切にする

電話したいと言ってみる

など、相手のことを大切に思っている気持ちが伝わるような行動をしてみてください。

もう少し、わかりやすい好意を伝えてみるなら、

わたしのことをどう思っている?

と夜に質問してみたり、

声を聞きたくなったんだと夜に電話でもしてみてください、

ここまで伝えれば、たいてい相手にも、もしかしてオレのことを?

と鈍感な人でも気づいてもらえますよ。

相手から好意を感じ取ってもらえれば、あなたの気持ちも伝えやすくなります。

もし、あなたの気持ちを伝えても、相手が受け入れてくれなかったら、それはそれで仕方ないことです。

あなたは、あなたの気持ちを素直に伝えただけで、何も悪いことはありません。

後日、どこかでばったり会ったとしても、何も恥ずべきことはありません。
相手から見ても
好きになってくれてありがとう、でも、ごめんね、
自分にはそうゆう気持ちがないんだ。
中途半端な気持ちで、君の本気の気持ちは受け取れないよ・・・
ってことなのかもしれません。

でも、異性から好かれるって奇跡的なことだし、ほとんどの人は、本当にありがとう、って思うものだから・・・

振られたとしても、相手とのご縁がなかっただけ。

その時のタイミングがずれていただけで、他にもっと出会うべき人が未来にいるのかもしれません。

残念ですが、その時はお別れです。

また、あなたの気持ちを伝えることで、相手との関係が壊れてしまう可能性もありますが、

それはそれで、あなたの気持ちを伝えるための勇気を出した価値のあることだと思います。

好きになった人に好きと伝えること。

それがこの世界で、一番ステキなことなんだと、アクアタイムズの曲でもそんな歌がありましたよね。




Translate »
テキストのコピーはできません。