彼女と別れたいのに別れられないのは依存?

もう別れたい。

このまま付き合っていても、お互いに将来もないし、
意味もない。
時間の無駄になるだけ。
好きな気持ちもない。
それなら別れたほうがいいのに・・・
周りからも別れなよって言われてる。
でも、連絡したくなってしまう・・
こんなカップルもいたりしますね。

彼女と別れたいのに別れられない場合、依存関係が原因になっている可能性があります。

依存関係とは、相手に支配され、コントロールされ、自分の人生を自由に生きることができない状態です。

依存関係になると、別れたいという気持ちがあっても、それを実行に移すことができず、苦しむことになります。

依存関係になる原因は、さまざまです。幼少期に親子関係で愛情や承認を十分に受けられなかった場合、
愛情を求めて異性に依存する傾向があります。

また、自己肯定感が低い場合、相手に頼ることで自分を保とうとするため、依存関係になりやすくなります。

彼女と別れたいのに別れられない場合、依存関係から抜け出すことが大切です。

依存関係に気づく
まず、自分が依存関係にあることを自覚することが大切です。

自己肯定感を高める

自己肯定感が低いと、相手に頼ることで自分を保とうとするため、依存関係になりやすくなります。そのため、自己肯定感を高めることが重要です。

依存関係を解消するのは簡単なことではありません。
しかし、自分のために、そして幸せな人生を送るために、依存関係から抜け出す努力をしましょう。

自分の時間を大切にする
相手とばかり一緒に過ごすのではなく、自分の時間も大切にしましょう。一人で過ごす時間や、趣味や好きなことに没頭する時間を作り、自分の存在価値を再確認しましょう。

信頼できる人に相談する
依存関係から抜け出すことは、一人では難しい場合もあります。信頼できる人に相談することで、客観的なアドバイスをもらうことができ、モチベーションを維持することができます。

彼女と別れたいのに別れられない場合、依存関係が原因になっている可能性があります。

別れたい思いはあるけれど、相手から連絡が来ると、返してしまう。
会ってしまう。
この依存サイクルを抜け出したい、
そんな思いがあるなら、きっぱりと別れたほうがお互いのためです。






Translate »
テキストのコピーはできません。