好き同士なのに別れる・・・辛すぎる、好きだけど別れた方がいいカップル




好き同士なのに別れるというのは、とても辛い経験だと思います。

好き同士なのに別れる理由は、人によってさまざまです。

お互いの価値観や考え方の違い
将来の夢や目標の違い
経済的な理由
家族や周囲の反対
性格の不一致
浮気や不倫
病気や事故などの不可抗力
などが挙げられます。

たとえお互いに好き同士でも、一緒に生きていくのが難しいと判断した場合、
別れるという選択をすることがあります。

出会いがあれば別れあり。
それが人生でもある。

始まりがあれば終わりがあって。

この人生の中で好きな人に出会える、という経験は奇跡的なことでもあるけれど、
本当は別れたくはない人の顔がもう見られない・・・

というのは本当に辛いことですね。

会いたいのに会えない。
もう気軽に連絡もできないなんて、さみしい。
大切な人を失っても、
生きていかなければならない

好き同士なのに別れた場合、最初は悲しみや怒り、悔しさなど、さまざまな感情が押し寄せてくると思います。しかし、まずは自分の気持ちに正直に向き合って、ゆっくりと整理していくことが大切です。

また、別れた後も、元彼と連絡を取ったり、会ったりするのは避けたほうがよいでしょう。

元彼との関係を引きずっていると、新しい恋愛に踏み出すことができなかったり、自分の気持ちに整理がつかなくなったりする可能性があります。

好き同士なのに別れた経験は、決して無駄ではありません。

その経験を糧に、自分を見つめ直し、より良いパートナーを見つけることができるはずです。

別れた時は、辛くて食欲もなくなるくらい、落ち込むかもしれませんが、
そんな気持ちは時間が解決してくれます。

1年も経てば、きっと新しい楽しいことが待っている。




Translate »
テキストのコピーはできません。