本気の好きって何?人生で本気で好きになった人のことはなかなか忘れられない、心の中でずっと好きな人、会えなくてもずっと好き?




人を本気で好きになりたい。

真実の愛を見つける旅、という番組がありましたが、
告白シーンでは、人としては好きだけど、
100%すきではないので、ごめんなさい。。

といい感じの2人が離れ離れになることも多かった番組。

真実の愛を見つけるのは、そう簡単でもないですね。

会ったその日にいきなり好きになるということもなく、

真実の愛は、時間をかけて、絆が生まれるものなのかもしれません。

ただ、外見の雰囲気が良いなとか、
ちょっといいなぁと思うわけではなくて人生の中で本気で好きになる、という人は、
そう多くはないですね。

本当に心から好きだと思えることが本気で好きになることです。

相手の幸せを心から願えるということがまず挙げられます。

自分が会いたいから、とか
自分がこうしたいから
連絡したいから、というような自分本位の考えではなく、
相手がどう思うのか、相手の幸せを1番に考えられることですね。

もし、相手が他に好きな人がいるなら、その人が自分じゃなくて、別の知らない人だったとしても、
それでも相手が幸せならいいや、
相手が笑顔でいられるなら、それでいいや、と求めることもありません。

本気で好きなら、数年後にもう二度と会うこともない関係なのだとしても、
それでも、相手のことを完全に忘れることはできなくて、
ふとあの人どうしているのかな・・・と思い出すこともあります。

本気で好きになった人のことはなかなか忘れるということは、できないので、
たまたま歩いている時に似ている人を見ると、あの人に似てるなぁ。・・・と思い出してしまう。

その人の誕生日も忘れることができないので、誕生日になると、今頃どうしているのだろうと考えてしまう。

なぜだか相手の誕生日も自分にとって大切な日になってしまうんですよね。

幸せでいてくれたらそれでいい。

例え、もう二度と会うことがないとしても。

本気の恋をすると、人は慎重になりすぎてしまうところがあるので、
なかなか好きと言えず、デートにも誘えないまま
時が過ぎてしまう。

そして、知らぬ間に相手は、別のだれかとお付き合いをはじめていた・・・という悲しい現実もあります。

恋愛とはタイミングがとても大事で、お互いに少しは意識していたとしても、
全然告白されない、連絡も来ない、と寂しくなって見切りをつけられてしまうことも・・・

本気の相手だからこそ、慎重になりすぎて、タイミングを逃してしまう。

若い人ほどそうゆうパターンが多いですね。




Translate »
テキストのコピーはできません。