スポンサーリンク



人間関係 恋愛

手放したら後悔する失ってから気づく優しさいい女になるには

付き合っている時は、いてくれて当たり前。
そんな風に思うけれど、別れたら後悔する人もいたりしますよね。

人は本当に大事な人を失ってから
その大事さに気づくことがあります。

なくした時にはもう遅い。

ということも現実にはありますね。

自分を愛してくれて尽くしてくれた女性。

見返りを求めずに、無償で行ってくれたこと。

病気の時に、そばにいてくれたこと。

真剣に心配してくれた人。

手助けしてくれた人。

自分のために時間やお金を使ってくれた人。

話を聞いてくれたこと。

ワガママを聞いてくれたこと。

ただツライ時一緒にいてくれたこと。

何も言わずに味方してくれたこと。

そうした想いは、後から感じることもあります。

時間が過ぎていくとともに、相手の良さを思い出すこともある。

辛い時に精神的な支えとなってくれた人は、
貴重な存在です。

たくさんの人がいる中で、そこまで強く思ってくれる人には
なかなか出会うことができない。

希少な存在だからこそ、失ってから気づくこともありますね。

この世界は、諸行無常。

悲しいけれど、人の気持ちは一定ではなく、
どんなに愛している心も時間が経てば変わっていく。

すべてのものが一瞬一瞬変化している。

あの時に戻りたいなと思ってもその時間はもう戻らない。

一緒にいる時間が長いと、相手の欠点も見えて嫌になることもあるけれど、
相手が一緒にいてくれることは、当たり前ではなくて、
好意を持ってくれることも本当は当たり前ではなくて。

縁があったから、想いあっているからそばにいてくれる存在。

別れ話をあっさりと受け入れてくれた女性も
後から振り返れば、いい人だったな。
手放して損したなと、後悔する日が来ます。

別れても笑顔で過ごし、
前向きに活動していく。

趣味や仕事を楽しみ、
友人を大切にする。

そして、口角を上げて笑顔が多い女性は魅力的です。

そんな女性と別れた場合、後悔させることができます。

別れの時は、あっさりと引く。
連絡は自分からはぜったいにしない。

簡単には会えなくなる。
連絡できないと、ふと寂しくなるものです。

あんなに思ってくれていたのに、悲しいなと思われる。

会えなくなるということは、本当に愛していたことの証でもあるのです。

特に、相手に新しい恋人ができたと風の噂で聞いた時。

もう自分には取り戻すことのできない存在。

元に戻ることのない時間。

大切な人、存在は失ってから気づくことが多いものです。

今、あるすべてのことに感謝して生きていこう。


スポンサーリンク




-人間関係, 恋愛

© 2022 サンシャインライフ