他好き裏ぎり、因果応報はあるのか?カルマの法則、信じていた人に裏切られたら辛い・・・浮気男、不誠実な男の末路、人を裏切った後の恋愛その後








浮気の因果応報はある?

信じていた人から裏切られたり、付き合っている人

配偶者が隠れて浮気をしていたら、ショックですよね。

その気持ちが遊びであって本気ではないとしても、

すごく悲しい気持ちになりますね。

浮気は相手だけでなく自分自身を裏切る行為でもあるため、自尊心や自己肯定感が下がってしまうことがあります。
浮気や恋人や配偶者を裏切り、傷つける行為なので当然ですが因果応報はあります。

大切な人を裏切って他の人と密会をしていると、罪悪感が強くなってしまい、心身に悪影響を及ぼすことがあります。
後悔をしたり、罪悪感が強くなると胃腸の調子が良くない、頭痛や動悸などの体の不調に悩まされることが多いです。
浮気が発覚するのではないかと恐れていると、気分の落ち込みや不安感が強くなり、メンタル面でも悪影響を及ぼします。
相手が同じ職場の人の場合は、別れ際がもつれてしまうと関係がばれてしまうことがあります。
配偶者や恋人だけでなく、職場でも信頼を失ってしまうため、職場に居づらくなってしまいます。

最悪の場合は退職に追い込まれてしまうことがあります。

恋愛における因果応報、結婚できないこともある?

恋愛中のカップルもマンネリや不満などから、浮気をしてしまう人が少なくありません。
結婚後に浮気をすると不貞行為になってしまうため、周囲からの信頼を失ってしまうことが多くなります。
恋愛中や婚約期間中に浮気をする男女の心理には、結婚に対する漠然とした不安を持っており、現状から逃げたいなど逃避をすることが多いです。
恋愛中、婚約期間中などに浮気が発覚すると、相手が傷ついてしまい破局や破談になってしまうことがあります。
独身の時しか恋愛を楽しめないと感じている人は、何度も浮気を繰り返してしまいます。
友人や知人の評判が悪くなったり、恋人や婚約者の身内などに浮気癖があると猛反対されてしまうことが多いです。
浮気を繰り返しており、反省をしない人は周囲からの信頼を失ってしまい、破談になるなど結婚できないことがあります。
浮気をすると結婚できなくなるかもしれないです。

裏切りの因果応報の実話

浮気は大切な人を裏切る行為なので周囲の人だけでなく、自分自身を不幸にしてしまいます。
結婚後は不貞行為になってしまうため、浮気の事実が発覚すると大問題に発展することが多いです。
配偶者が深く傷ついてしまい、離婚問題に発展してしまい慰謝料や養育費などを請求されてしまいます。
浮気相手は配偶者から見ると加害者になるため、慰謝料請求をされたり、周囲に関係をばらされて信頼を失うことが多いです。
浮気は決して許されない裏切り行為であり、同じ職場の人の場合は関係が暴露されてしまうことがあります。
別れ際がもつれてしまい、心身共に疲弊をしてしまったり、離婚で大切な家族を失ってしまうことが多いです。
離婚後は子供と会うことができない、子供に嫌われてしまい孤独に陥ってしまうことがあります。
浮気願望が出てきても、実際にしてしまうと因果応報でバチが当たるので注意が必要です。




Translate »
テキストのコピーはできません。