できちゃった婚で避妊しない理由とは


1. 避妊に対する知識や意識の不足

正しい避妊方法を知らない、あるいは理解していない。
避妊具の使い方がわからない、あるいは面倒だと感じる。
避妊は女性だけの責任だと考えている。

2. 楽観的な考え

妊娠する確率は低いと過信している。
自分は妊娠しにくい体質だと考えている。
一回の性行為で妊娠するとは思っていない。

3. 将来への不安や焦り

結婚適齢期を過ぎて焦りを感じている。
周りの友人たちが結婚していくことに焦りを感じている。
子供を早く欲しいと思っている。

4. パートナーとの関係性

パートナーとの信頼関係が築けており、結婚しても大丈夫だと考えている。
パートナーとの将来設計が一致している。
パートナーから結婚を強く求められている。

近年では、結婚前でも性行為を行うことに抵抗がなくなってきているため、

できちゃった婚

が増加傾向にあります。

しかし、

できちゃった婚

は、経済的な負担や育児の負担などの問題も多く、

必ずしも幸せな結婚生活を送れるとは限りません。

避妊は、望まない妊娠を防ぐだけでなく、性感染症を防ぐためにも重要です。

性行為を行う前に、パートナーとしっかりと話し合い、

お互いに納得できる避妊方法を選択することが大切です。








Translate »
テキストのコピーはできません。