好きすぎてストーカーになる?別れたらストーカーになりやすい人の特徴


1. ストーカー化する人の特徴

強い執着心: 元カノへの執着心が強く、
別れた後も関係を続けようとしつこく連絡したり、会おうとしたりします。

支配欲: 元カノを自分の思い通りにコントロールしようとし、
行動を制限したり、交友関係を制限したりします。

嫉妬心: 元カノが他の男性と関わることを許せず、嫉妬から嫌がらせや脅迫をします。

プライドが高い: 自分の方が優れているという考えが強く、
振られたことを受け入れられず、逆恨みからストーカー行為に発展するケースもあります。

共感能力の低さ: 相手の気持ちに共感することができず、
自分のことしか考えられないため、ストーカー行為が相手に
迷惑をかけているという意識がありません。

2. 別れた後にストーカー化しやすい状況

交際期間が長かった場合: 長い期間一緒にいたことで、
相手への執着心が強くなり、別れた後も関係を続けようとする可能性が高くなります。

依存関係があった場合: 一方が相手に依存しているような関係の場合、
別れた後に依存していた方がストーカー化する可能性があります。

別れの原因が一方的な場合: 一方が一方的に振られた場合、
振られた側は納得できずにストーカー化する可能性があります。

精神的に不安定な場合: 精神的に不安定な人は、
別れた後のストレスにうまく対処できず、ストーカー行為に発展する可能性があります。

3. 別れた後にストーカー被害に遭わないために

ストーカーになる人は、自分の気持ちを受け入れてもらえないと絶望した時
別れたくないほどまだ好きなのに、相手はどんどん遠ざかろうとしているように感じる時
離れてほしくない思いから、歪んだ恋愛感情に変化してしまいます。

別れ話をする時は、時間をかけて、丁寧に相手の気持ちを考えながら伝えることが大事です。

急に縁を切ろうと、ブロックしたり、冷たくすると良くはないです。

冷静に思いやりを持って、話し合おうとすることが大事です。

すぐに別れようとか相手のことを一方的に拒否、話も聞こうとしないという姿勢では、
相手は人間として思われていない気がして、辛くなり、暴力的になることもあります。

一人で行動しない: できるだけ一人で行動せず、周囲に人付き添ってもらいましょう。

証拠を残す: ストーカー行為を受けた場合は、日時や場所、内容などを記録し、証拠を残しておきましょう。
警察に相談する: ストーカー行為を受けた場合は、一人で悩まずに警察に相談しましょう。

ストーカー行為は犯罪です

ストーカー行為は立派な犯罪であり、
決して許される行為ではありません。

被害に遭った場合は、一人で悩まずに周囲に助けを求め、適切な対処をしましょう。

5. ストーカー行為の例

電話やメール、SNSなどで何度も連絡する
自宅や職場、学校などに何度も訪れる
待ち伏せや尾行をする
物を壊したり、盗んだりする
身体的な暴力や脅迫をする

ストーカー行為は、被害者にとって非常に大きな苦痛となります。








Translate »
テキストのコピーはできません。