ストーカーが職場にくる?怖い




職場にストーカーが現れたら
大変恐ろしい状況ですね。

一人で抱え込まず、周囲に助けを求め、適切な対策を取ることが大切です。

まず、身の安全を確保しましょう。

ストーカーとできるだけ接触を避ける

常に周囲に人がいる状況を作る

職場のセキュリティーを活用する (入退室管理、防犯カメラなど)

帰宅経路を変えたり、防犯グッズを活用する

次に、証拠を集めましょう。

ストーカー行為の日時、場所、内容を記録する

メール、SNS、LINEなどのやり取りを保存する

写真や動画があれば証拠として保存する

そして、周囲に相談しましょう。

職場の信頼できる上司や同僚に相談する

人事部や相談窓口に相談する

警察に相談する

警察:110番
配偶者暴力相談支援センター:全国共通 0570-0-55210
法務省 人権擁護局:03-3592-7041
全国共通 女性の人権ホットライン:0570-070-810

一人で行動しない

夜間の一人歩きは避ける

常に携帯電話を持ち歩く

緊急時には大声で助けを求める

弁護士への相談も有効です。

弁護士に相談することで、法的措置の検討や、
警察への対応など、より専門的なアドバイスを受けることができます。

ストーカー被害は決して許されるものではありません。
一人でも多くの方が安心して生活できるよう、
周囲と協力しながら、適切な対策を取ることが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。