顔が好きすぎる・・・顔が好き、は最強?でも、顔しか好きじゃない!?内面はあまり知らない・・・





「顔しか好きじゃない」という気持ち、
とてもよくわかります。

人の外見は、私たちに強い印象を与え、
惹きつける力を持っていますよね。

ただ、顔だけを好きになることには、
いくつかの注意点があります。

1. 顔は見た目でしか判断できない

顔は、その人の性格や価値観、内面を表しているとは限りません。

どんなに美しい顔でも、性格が合わなかったり、

価値観が大きく異なったりすると、長続きする恋愛は難しいでしょう。

2. 顔は時間とともに変化する

人は誰でも年をとるものです。どんなに美しい人でも、
年齢とともに顔は変化していきます。

顔だけを好きになった場合、その変化を受け入れられず、

愛情が冷めてしまう可能性もあります。

3. 顔以外にも大切な要素がある

恋愛においては、顔以外にも、性格、価値観、
コミュニケーション能力、経済状況など、多くの要素が重要です。

顔だけを重視してしまうと、これらの大切な要素を見落としてしまう可能性があります。

顔だけが良く見えても、実は性格が悪い、という人もたまにはいたりします。

性格が悪いわけではなくても、顔が良いので、
どうしてもわがままになってしまう、ということもあります。

https://furusato-toyoma.jp/archives/1065また、顔が良いということは、他の異性にもモテモテなので、
言い寄られる可能性は高いです。

彼がいても配偶者がいても、言い寄られたり、恋愛対象に見られがちなので、
浮気される可能性も見た目が普通の人よりも確率としては高いです。

信頼関係を築いていないと、心がぐらぐらしてしまう可能性もあります。

顔が良い女性は、イケメンの男性にもモテます。

付き合っている彼氏よりも、見た目の良い男性に言い寄られたりしたときには、
心がころっと変わってしまう可能性も0ではありません。

4. 顔以外の部分も好きになる努力をする

顔しか好きになれないと感じている場合は、
その人の性格や価値観、趣味など、顔以外の部分にも目を向けてみましょう。

顔以外の部分も好きになることができれば、より深い愛情で結ばれることができるでしょう。

5. 顔以外の部分も好きになれない場合は、無理に付き合わない

顔以外の部分も好きになれない場合は、
無理に付き合う必要はありません。

顔はあくまでも一つの要素であり、すべてではありません。

自分にとって本当に大切なものは何かを改めて考えてみましょう。

6. 自分自身の価値観を大切にする

誰かに恋をすることは素晴らしいことです。

自分が本当に求めるものは何かを常に意識し、後悔のない選択をしましょう。

「顔しか好きじゃない」という気持ちは、
誰にでも起こり得ることです。

しかし、その気持ちに囚われすぎず、様々な角度から相手を見ることが大切です。

性格
価値観
コミュニケーション能力
経済状況
仕事への情熱
家族や友人との関係
ユーモアのセンス
知性
優しさ
思いやり
信頼性
成長性

これらの要素を総合的に判断することで、
より幸せな恋愛を築くことができるでしょう。




Translate »