なんであんな人と付き合ってたんだろうと不思議に思うこと

別れた後、数年たつと、
なんであの人と付き合っていたんだろう

今の自分なら選ばない人なのにな・・・

付き合っていた意味がわからない・・・と
自分のことながら謎に思うこともありますよね。

相手の外見や、優しい態度、共通の趣味など、
自分の理想や好みに合っている部分を勘違いして
付き合うことになったというケースがあります。

しかし、付き合ってみると、
相手の本当の性格や価値観が見えてきて、
自分の理想とかけ離れていることに気づくことがあります。

自分自身に自信がなく、自分を好きになってくれる相手がいないと感じていたため
相手を受け入れることに必死になっていたというケースもあります。

相手に良いところを見つけようと必死になり、
相手の悪いところを見ないようにしてしまうことがあります。

相手に依存していたため、相手から離れることができなかったと
いうケースもあります。

相手に捨てられるのではないか、
相手なしでは生きていけないのではないかという不安から、
相手に縛り付けられる関係になってしまうことがあります。

相手に何かを求めていたため、付き合っていたというケースもあります。

とりあえず恋人が欲しいだけ。
恋人がいないと言うのが恥ずかしいから、とりあえず誰かと付き合いたかっただけ・・
まわりも彼氏彼女がいる人が多くて、自分だけいないのは恥ずかしいから。

彼氏は?彼女は?と聞かれて「いない」と言うのが嫌だったから
と若い時はそうゆう時もありますね。

相手に幸せになってほしい、相手を助けたい、
相手に愛されたいなど、自分の欲求を満たすためにそんなに
本当は心から好きではない相手と付き合ってしまう時です。

しかし、いずれにしても、付き合うことで自分自身や相手について学び、
成長する機会になるのではないでしょうか。

今の自分なら選ばない人なのに・・と思うということは、
過去の自分と今の自分とは、考えもかなり変わった。
ある意味成長できたということなのかもしれません。

「なんであんな人と付き合っていたんだろう」と
後悔することもあるかもしれませんが、過去の経験を糧にして、
より良い恋愛をするために活かしていきたいですね。






Translate »
テキストのコピーはできません。