好意をもたれると気持ち悪くなる?逃げたくなる現象とは





自己肯定感が低いと、自分のことを「愛される価値がない」と思い込みます。

そのため、誰かから好意をもたれると、
「なぜ自分を好きになってくれるのか?」
「自分なんかを好きになってくれるなんて、何か裏があるのでは?」
などと不安や疑念を抱いてしまいます。

その不安や疑念が、気持ち悪さとして表れるのです。

過去の恋愛で傷ついた経験がある場合、
また、親や周囲の人から愛情を十分に受けることができなかった場合なども、
好意をもたれると気持ち悪くなることがあります。

過去のトラウマが、好意を受け入れることを拒否する原因となっているのです。

恋愛に対する恐怖心があると、誰かから好意をもたれると、
自分のペースや自由を奪われるのではないか、
あるいは、嫌な思いをするのではないかという不安や恐怖を感じます。

その不安や恐怖が、気持ち悪さとして表れるのです。

好意をもたれると気持ち悪くなるという感覚を克服するためには、
まず、その原因を理解することが大切です。

原因を理解することで、自分の感情をコントロールできるようになり、
気持ち悪さを軽減することができるでしょう。

恋愛に対する恐怖心を克服するためには、
まずは恋愛に対して前向きなイメージを持つことが大切です。

恋愛には良いことも悪いこともあるけれど、その先には幸せが待っているというように
恋愛に対するポジティブな考え方を身につけましょう。

また、恋愛の経験を積むことで、恋愛に対する恐怖心を克服することができるかもしれません。




Translate »