電話恐怖症で仕事を辞める人がいる?原因とは・・・




電話恐怖症とは、電話がかかってくることや、

電話をかけることに対して強い不安や恐怖を感じる症状です。

電話恐怖症の原因は

電話恐怖症の最も一般的な原因は、過去のトラウマです。例えば、電話で怒鳴られたり、嫌な思いをしたりしたことで、電話に対する恐怖心が根付いてしまうことがあります。

また、電話で訃報を聞いたことで、電話に対して恐怖を感じてしまうこともあります。

電話恐怖症の原因として、コミュニケーションの苦手意識が挙げられます。

電話でのコミュニケーションは、対面でのコミュニケーションよりも、相手の表情や声色などから相手の感情を読み取りにくいという特徴があります。そのため、コミュニケーションが苦手な人は、電話でのコミュニケーションに不安や恐怖を感じてしまうことがあります。

社会不安障害(社交不安障害)は、人前で話したり、目立ったりする場面で強い不安や恐怖を感じる症状です。社会不安障害の人は、電話をかけたり、電話に出たりすることも、人前で話すことと同じように不安や恐怖を感じてしまうことがあります。

電話がかかってくると、心臓がドキドキする、息苦しくなる、汗をかくなどの身体症状が出る
電話に出るのが怖くて、電話を無視してしまう
電話に出ると、声が震えたり、どもったりしてしまう
電話をかけるのが怖くて、電話を避ける

電話恐怖症は、適切な治療を受けることで克服することができます。

薬物療法

薬物療法は、不安や恐怖の症状を緩和するために、抗不安薬や抗うつ薬などの薬を服用する治療法です。




Translate »
テキストのコピーはできません。