好きな人にもっと話しかければよかったという後悔・・・好き避けは意識しすぎてしまうから?





好きな人にもっと話しかければよかったという後悔は、誰もが抱くことがあると思います。

電車の中で同じ席に座った人と話しかければよかった、

学校で密やかにいいなと思っていた人ともっと話しておけばよかった

会社の飲み会でもっと積極的に話しかければよかった、

バイト先で仲良くなった人とプライベートでも親しくなりたかった
もっと好きだとアピールすればよかった

合コンで出会った子と後日も遊ぶ約束をすればよかった

好きな人に対して素直になればよかった・・・・

いろいろと後悔することはありますよね。

初対面の人とおしゃべりを楽しむチャンスを逃したなど、
後になって「あのとき話しかければよかった」と考える機会は少なくありません。

話しかければ、楽しい会話ができて、新しい人脈が広がる可能性があったかもしれません。

そのチャンスを逃したことで、何か良いものを失ってしまったという気持ちが、後悔につながります。

話しかければよかったのに、勇気が出ずに何も行動しなかった自分を責めてしまう気持ちが、後悔につながります。

片思いやいいなと思った人とうまくいかず、
そのまま疎遠になってしまった人は多いものだと思います。

その理由は、仲良くなれなかったから・・・
相手と話し合う時間がなかったから
・・・

ということが大きな原因です。

親しくない人と付き合いたいなと思う人は、そういないもので、
話しやすいなと思う人となら、人は一緒に時間を過ごしたいと感じるものです。

好き避けは、好きな人を意識しすぎて、逆に避けてしまう恋愛行動のことです。

好き避けをする人は、好きな人を前にすると、恥ずかしさや緊張から、素っ気ない態度を取ったり、会話を避けたりするようになります。そのため、相手から嫌われているのではないかと誤解されやすく、恋愛に発展しにくくなってしまいます。

自分に自信がない人は、好きな人に好かれないのではないかという不安から、好き避けをしてしまうことがあります。
恋愛経験が少ないことです。恋愛経験が少ない人は、好きな人とどう接すればよいのかわからず、好き避けをしてしまうことがあります。




Translate »
テキストのコピーはできません。