好きじゃない人と付き合うメリットなんてある?男性心理とは


男性が好きな人とではなく、
好きじゃない人と付き合う理由は様々考えられます。

1. 寂しさを埋めたい

人間は誰しも、一人では寂しさを感じます。

特に、周囲が結婚や出産を経験していく中で、
自分だけ取り残されているような感覚に陥りやすくなります。

そのような状況下で、好きではない相手でも恋人として
そばにいてくれることで、寂しさを解消しようとする心理が働きます。

2. 自尊心を満たしたい

男性は、女性から求められることで自信を得られる傾向があります。
特に、自分に自信がない男性は、女性から告白されたり、
アプローチされたりすることで、自分の魅力を再認識し、
自信を取り戻したいという心理が働きます。

3. 周囲からの評価を気にしている

周りの友人や家族から、「彼女いない歴」を指摘されたり、
「そろそろ結婚した方がいい」とプレッシャーを感じたりすることで、
焦って好きではない人と付き合ってしまうケースもあります。

周囲からの評価を気にしすぎるあまり、自分の気持ちよりも世間体を選んでしまう心理が働きます。

4. 条件面を重視する

容姿や学歴、職業、経済状況など、特定の条件を重視するあまり、
好きではない相手と付き合ってしまうケースもあります

特に、結婚を意識する場合、将来的な安定を重視し、
条件の良い相手を選ぶ男性も少なくありません。

5. 恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない男性は、好きという気持ちが分からなかったり、
恋愛の進め方が分からなかったりするため、好きではない相手と付き合ってしまうことがあります。
恋愛経験不足が原因で、自分の気持ちに正直になれない心理が働きます。

6. 相手が自分に尽くしてくれる

好きではない相手でも、自分に尽くしてくれる相手であれば、
楽な関係を築ける場合があります。

家事や育児を完璧にこなしてくれたり、
経済的に支えてくれたりする相手であれば、愛情よりも安定性を求める男性もいます。

7. 本命が現れるまでの繋ぎ

本当に好きな人が現れるまでの繋ぎとして、
好きではない人と付き合ってしまうケースもあります。

本命ではない相手と付き合うことで、寂しさを解消したり、
恋愛経験を積んだりすることができます。

世間体を気にしたりするタイプで、彼女がいないと言うのが恥ずかしい。
誰でもいいからとりあえず彼女と言える存在が欲しい。
都合のいい相手がいれば誰でもいい。
モテていると思われたい。
というタイプの人もいますね。

8. 断るのが苦手

相手から告白されたり、アプローチされたりした場合、
断るのが苦手で、断れずに付き合ってしまうケースもあります。

相手を傷つけたくないという気持ちや、面倒なことを避けたいという気持ちが働きます。

9. 自分に自信がない

自分に自信がない男性は、自分が本当に好きな人から好かれるとは思えず、
好きではない人からアプローチされたら、
断ることができない場合があります。

自分に自信がないことが原因で、相手を好きになろうと努力してしまう心理が働きます。

10. モラハラ気質

相手を支配したり、コントロールしたいという欲求が強い男性は、
自分に従順な相手を求めて、
好きではない人と付き合ってしまうことがあります。

相手を好きではないからこそ、自分の思い通りに操ろうとする心理が働きます。

11. 愛情表現が苦手

愛情表現が苦手な男性は、好きな人に対して素直に気持ちを伝えられず、
好きではない相手と付き合ってしまうことがあります。

好きな人に気持ちを伝えるのが恥ずかしい、嫌われたくないという気持ちが働きます。

12. トラウマがある

過去に好きな人に傷つけられた経験がある男性は、
再び傷つくことを恐れて、好きではない人と付き合ってしまうことがあります。

過去の恋愛のトラウマが原因で、恋愛に臆病になってしまう心理が働きます。

13. 精神的な問題を抱えている

極端な依存体質や自己愛の強い男性は、好きではない相手と付き合っても、
相手を愛することができず、自分自身を満たすための道具として
相手を利用してしまうことがあります。

精神的な問題が原因で、健全な恋愛関係を築けない心理が働きます。

14. 単純に相手が嫌いではない

好きではないといっても、相手が嫌いというわけではなく、
普通の人間関係として好意的であれば、付き合う選択肢も出てくるでしょう。

恋愛感情はなくても、一緒にいて楽しい、
安心できるといった気持ちがあれば、関係を築いていくことも可能です。

15. 時間をかけて好きになる可能性がある

最初は好きではない相手でも、時間をかけて接していくうちに、
好きになる可能性もあります。

一緒に過ごす時間の中で、相手の新たな魅力を発見したり、
共通点を見つけて仲良くなったりすることで、愛情が芽生えることもあるでしょう。

16. 結婚を前提とした交際

結婚を前提とした交際の場合、恋愛感情よりも、
相手の性格や価値観、家庭環境などを重視する傾向があります。

好きではない相手でも、結婚相手としてはいいかなと思って付き合っている場合もあります。

大恋愛してもいずれは愛は冷めていくものだ・・・

愛は3年で冷めるとも言われるし、
それなら、結婚相手としてふさわしい人を最初から選ぼうと考えている男性もいます。








Translate »
テキストのコピーはできません。