お金を貸してと言う人の心理




1. 困窮している

生活費や医療費など、どうしてもお金が必要で、
他に頼れる人がいない場合に、お金を借りようとします。
この場合、返済する意思は強いと考えられます。

2. 計画性がない

浪費癖などにより、計画性なくお金を使い、
生活が苦しくなってしまった場合に、お金を借りようとします。

返済する意思はあっても、計画性の無さから再び困窮する可能性があります。

3. 甘えている

相手との関係性や、過去にお金を貸して返済してくれた経験などから、
相手が自分に甘えてお金を借りようとすることがあります。

返済する意思があるかどうかは、相手との関係性や過去の経験に
よって判断する必要があります。

4. 悪意がある

最初から返すつもりがない、詐欺目的で、
お金を借りようとすることがあります。
巧みな話術で相手を騙し、お金を騙し取ろうとします。

ギャンブルや投資など、何かしらの目的で資金が必要となり、
お金を借りようとすることがあります。

この場合、返済する意思はあっても、目的によっては返済が困難になる可能性があります。

お金を貸す前に確認すべき点

お金を借りる理由
返済予定日
返済方法
金額

また、「お金を貸す=あげる」という気持ちで貸すことが重要です。
返済してもらえない可能性も考慮しておきましょう。

断り方

お金を貸したくない場合は、無理に貸す必要はありません。

自分がお金に困っている
貸すお金がない
貸したお金が返済されないリスクを恐れている

断る場合は、相手に明確な理由を伝えることが大切です。
また、相手の気持ちに寄り添い、理解を示すことも重要です。

必ず書面で契約書を作成する
貸す金額は自分の生活に支障が出ない範囲にする
相手の返済能力をしっかりと確認する
返済が滞った場合は、早めに督促する

お金を貸すことは、人間関係を悪化させるリスクもあります。
慎重に判断し、トラブルにならないようにしましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。