人を傷つける言葉を言う人の心理

自分よりも劣っていると感じている人に、傷つける言葉を言うことで、

自分の優位性を誇示しようとする場合があります。

例えば、容姿や能力、社会的地位などで相手を下に見ている場合、
相手を傷つけることで、自分の優位性をアピールしようとします。

相手を自分の思い通りに動かしたいために、
傷つける言葉を言う場合があります。

相手を恐怖や不安に陥れることで、自分の言うことを聞かせようとします。

自分の怒りや憎しみなどの感情を、
相手にぶつけるために傷つける言葉を言う場合があります。

相手に恨みや不満がある場合、
相手を傷つけることで、自分の感情を解消しようとします。

容姿や能力などで劣っていると感じている同僚や部下に、容姿や能力に関する悪口を言う。
自分の思い通りに動かない恋人に、別れを告げると脅す。
親に反抗する子どもに、怒りの感情をぶつける。

人を傷つける言葉を言う人は、必ずしも悪意を持っているとは限りません。

しかし、その言葉で相手が傷つく可能性を十分に理解した上で発している場合、
それは決して許される行為ではありません。

人を傷つける言葉を言われた場合は、まずは冷静に受け止めることが大切です。

その言葉を真に受ける必要はありません。

相手がどのような心理で
その言葉を言ったのかを考え、自分を傷つけないように対処しましょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。