好きな人と偶然すれ違う?すれ違う時に目線下を見てしまう?

好きな人に対して好意を持っていると、
緊張や恥ずかしさから目が合わせられなくなってしまうことがあります。

その結果、無意識のうちに目線を下げてしまうというわけです。

ただ、目線を合わせないということは、まだ好きな人とそんなに親しくないから、ということが
原因になっていると思います。

仲良くなれば、〇〇~~と読んだり、自然と話しができるはずです。

ただ、そんなに親しくはないし、好意も知られていない。
まだ2人であまり話したこともない関係性の場合、
恥ずかしくなって目を合わせることができない。ということもありますね。
ただ、すれ違っても目線を合わせないと
無視された?

と思われてしまい、余計に仲良くなれない・・・という悲しいことになります。

相手の目を避けることで、好意を悟られないためです。
好きな人に好意を知られたくない場合、
目を合わせることで気持ちがバレてしまうのではないかと不安になります

そのため、あえて目線を下げることで、相手の目を避けようとするのです。

もちろん、目線を下げてしまう理由は人それぞれで、
必ずしも恥ずかしさや不安が原因であるとは限りません。

しかし、好きな人とすれ違う時に目線を下げてしまう人は、少なくありません。

好きな人と会う機会を増やして、徐々に慣れていく
好きな人の前で、あえて目線を合わせる練習をする

また、好きな人との関係が進展していけば、目線を下げることもなくなってくるでしょう。

そのため、まずは相手のことをよく知って、仲を深めることを心がけることが大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。