職場で人の行動を監視する人

職場であまりにもじろじろ見られていると、
すごく嫌な気持ちになったりしますよね。

明らかにじろじろ見る人ってたまにいます。

監視されているようで、気持ち悪いなぁと思ったことのある社員もいますよね。

さぼっていないかの確認なのかもしれませんが、
あまりにも見られると、ストーカーされているようなそんな気持ちになりますね。

特に、男性社員からじろじろ見られると、
それだけで会社に行きたくないと思う女性もいます。

中年の女性社員は、
若い女性を見たいのよ、きっと・・・と言っていましたが、
それだけの理由で見られても、気持ち悪いです。

会社や上司の指示で監視をする人です。このタイプの人は、
会社や上司から、従業員の勤怠管理や業務内容の把握、
セキュリティ対策などの目的で、監視を行うように指示されています。

自分の意思で監視をする人です。
このタイプの人は、従業員の行動を監視することで、自分の立場や権力を誇示したり、不安や不信感を解消したりしようとしています。

会社や上司の指示に従って行うため、基本的には問題ありません。しかし、監視の対象となる従業員のプライバシーや人権を侵害しないように、注意が必要です。

従業員の心理状態やモチベーションに悪影響を及ぼす可能性があります。また、ハラスメントやパワハラに発展する可能性もあるため、注意が必要です。

職場で人の行動を監視する人がいたら、その目的や意図を理解することが大切です。また、監視されることで、自分のプライバシーや人権が侵害されていると感じたら、会社や上司に相談しましょう。

職場で人の行動を監視されることは、誰にとってもストレスになるものです。もし、自分が監視されていると感じたら、一人で悩まずに、適切な対処をしましょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。