もう好きじゃなくなったのが正直な別れの理由、相手を傷つけずに別れる方法

別れを切り出すのはつらいですよね。

相手を傷つけずに別れるのは難しいですが、
誠実に向き合うことが大切です。

相手は自分のことがすごく好きそうで、別れたい雰囲気はなさそう・・・

でも、自分としては、正直恋愛感情もないし、会うことも楽しみでもない

そんなにいいな、と思えないなと思えてきた。

これって好きじゃないよね。

別れたいんだけど、
やっぱり別れ話って切り出しにくい・・・
言ってしまうと、相手との関係も当然悪くなるので、
自分でも本当にいいのかな・・
別れても・・

まだ思いが分からない時にはなかなか言えなかったりするものです。

でも、別れようかな・・とか別れたいな。
この人との将来はないな・・とか
この人の子供を産みたいとは思わないなと思う場合。

正直、相手のこと、好きか迷ってる時点でもう好きじゃありません。

いつ別れを切り出すの?と言えば

今でしょ!!??(‘Д’)(‘Д’)

です。

もう今すぐにでも、LINEで話したいことがある・・・と言ってみましょう。

電話でもいいですが、話したいことがあると神妙に言われたら
相手も覚悟します。

もしかして別れ話かな・・って。

もしくは徐々に連絡をしなくなり1か月後くらいに冷静にいうのもありです。

最近あまり連絡くれなかったなと思う段階で、相手も別れ話されるかもって思います。

相手にも心の準備をする時間が必要です。

別れの理由は正直に伝えましょう。

曖昧な理由は相手を混乱させてしまいます。

感謝の気持ちを伝えましょう。

これまで一緒に過ごした時間は、かけがえのないものです。

相手の気持ちに寄り添いましょう。
別れ話を聞いて相手が悲しんだり、怒ったりするのは当然です。

別れ話をする場所は、静かで落ち着ける場所を選びましょう。
周りの目が気になると、話がしにくくなります。

別れ話をする際には、

「もう好きじゃなくなった」
「一緒にいて幸せを感じない」
「価値観の違いを感じる」

など、具体的な理由を伝えましょう。

相手が話を聞いて納得できない場合は、

なぜ好きじゃなくなったのか
どこが問題だったのか

を具体的に説明しましょう。

相手が感情的になってしまった場合は、

落ち着くまで待つ
話を聞き、共感する

別れ話が済んだら、

連絡先を消去する
SNSで繋がらない

など、きっぱりと関係を断ちましょう。

別れるのはつらいですが、

お互いのために
未来のために

必要な決断だと割り切りましょう。

相手を傷つけずに別れるというのは、非常に難しい課題です。
少しでも相手の気持ちを和らげることは可能です。

1. 直接会って話す

別れを切り出すときは、電話やメールではなく、
直接会って話すことが大切です。
相手の表情や声のトーンを見ながら話することで、
気持ちをより正確に伝え、誤解を避けることができます。

2. 誠実な態度で話す

別れを切り出すときは、誠実な態度で話すことが重要です。
相手を責めたり、言い訳をしたりするのは避け、自分の気持ちに正直に話しましょう。

3. 感謝の気持ちを伝える

別れることになったとしても、これまで相手と過ごした
時間はかけがえのないものです。
感謝の気持ちを伝えることで、相手にとっても前向きな気持ちで別れを受け止めることができるでしょう。

4. 別れの理由を明確に伝える

相手を傷つけないためには、なぜ別れるのかという理由を
明確に伝えることが大切です。
曖昧な理由で別れると、相手は納得できずに、いつまでもあなたを想い続けてしまう可能性があります。

5. 相手の気持ちに寄り添う

別れることは、相手にとっても大きなショックです。
相手の気持ちに寄り添い、話を聞いてあげることで、
少しでも相手の気持ちを癒すことができるでしょう。

「〇〇さん、今日はあなたに話したいことがあって呼び出したんだ。実は、最近、自分の中で気持ちが変化してきて、このまま付き合うのは難しいと感じているんだ。本当に申し訳ないんだけど、別れたいと思う。」

別れ話は、誰にとっても辛いものです。
しかし、誠実な態度で接することで、
少しでも相手の気持ちを和らげることができるでしょう。

相手と二人きりになれる場所を選ぶ
周りの目を気にせず話せる時間帯を選ぶ
相手が疲れていたり、体調が悪いときは避ける
感情的にならず、冷静に話す
相手の話を最後まで聞く

別れた後も、相手を思いやり、尊重する気持ちを忘れないことが大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。