国民幸福度の高い国ブータンの幸福度が下がった理由とは

ブータンは、GNH(国民総幸福量)という独自の指標を掲げ、
「世界一幸せな国」として知られてきました。

しかし、近年は国際機関の調査で幸福度ランキングが
下落傾向にあります。

1. 経済格差の拡大

近年、ブータンは経済成長を続けていますが、
その恩恵が一部の富裕層に集中し、貧富の差が拡大しているという指摘があります。

2. 若者の不満

都市化やグローバル化の影響で、
伝統的な価値観や社会構造が変化し、
若者を中心に将来への不安や不満が高まっていると言われています。

3. メンタルヘルス問題の増加

経済発展や社会の変化に伴い、
ストレスや精神的な問題を抱える人が増えているとされています。

4. コロナウイルスの影響

2020年から続く新型コロナウイルス感染症の影響は、
ブータン経済にも大きな打撃を与え、国民生活にも大きな影響を与えています。

5. 国際社会との比較

GNHは独自の指標ですが、国際機関の調査ではGDPなどの経済指標も考慮されます。
ブータンは経済規模が小さいため、国際比較で幸福度が低く評価されることもあります。






Translate »
テキストのコピーはできません。