生活の知恵

高校生大学生、バイトの面接に受かるには、成功率を高める方法

高校生になったら、バイトを始めてみたい。
と思う人も多いですよね。

 

生きていると、お金が必要です。

高校生や大学生でも、休日などを利用して働くことができます。

まずは面接に合格することが大切ですね。

せっかく面接に行っても、不採用になってしまったら、悲しいです。


時間をムダにはしたくない。

面接感に好感を持たれて、なるべく採用されるポイントをお伝えします。

自分が得意なこと、好きな分野でチャレンジしよう

面接で、「なぜ、この仕事を選んだのですか?」と必ず質問されます。

その時に、ここで働きたいと思う明確な気持ちを伝えることで、

選んでもらえる可能性が高いです。

給料が良いから、家から近いから、

このような理由でも良いのですが、

絶対にここで働きたいと意欲を感じる人のほうが

採用したいと面接官なら思いますよね。

そんなに働きたいと願ってくれてるなら、一生懸命頑張ってくれるかな?と

思わせることができたら、採用率は上がります。

反対に、この人大丈夫かな?向いてなさそうだけど。と思われてしまうと、

仕事がなかなか決まりません。

会社の販売している商品が好きなことや、日頃から使用している

など明確な理由を伝えましょう。

学生歓迎、パートさん歓迎の会社を選ぶ

求人誌を見ている時に、なるべく学生歓迎と

書かれているところを選びましょう。

時間に融通がききます。
テストの時は休めます。

このような書き方をしてくれているところは、

学生さんが働いている割合が多いので
働きやすいと言えます。

清潔感のある身だしなみ

身だしなみはとても大事なものです。

日頃着ている今風の服装で行きたくなる気持ちもあるかもしれませんが、

面接用のためのきれいな服装を用意したほうが良いです。

派手な色の服ではなく、無難な黒や白にしておくと良いですね。

女性の場合、ナチュラルメイクにしたほうが清潔感があります。

 

マスカラやまつげメイクは控えめにしたほうが良いです。

また、接客業なら、髪の色は黒が無難です。

派手な茶髪で行くと、お店によっては不採用になってしまう可能性があります。

面接はたった1日だけなので、身だしなみはとても大事な要素です。

面接には遅刻はしないように10分前には着くように行く

アルバイトの面接は遅れてはいけません。

どのくらい前に来てくれるのかも、実は見られています。

私も実際はじめて行く場所で、あまり調べずに

面接場所に行ってしまった時、道に迷い、すごく焦りました。

そして、5分ほど遅れてしまったことがありますが、

面接も受け付けてもらえなかったことがあります。

やはり、面接で遅刻というのは、良くない印象に

なってしまうんですよね。

気を付けようと思いました。

自宅から離れている距離を選んでしまうと、

場所が正確にわからないこともありますが、

そうした場合には事前に調べておきましょう。

アルバイトの面接は、5分前が理想的ですが、
10分前に着いても問題はありません。

早く来てくれて、印象が良いなと思われます。

明るい話し方、ハキハキとした声で答える

面接では、元気な人のほうが印象が良いです。

受け答えがしっかりとしている。

質問された時にすぐに答えることができる。

ハキハキとした話し方、笑顔だとさらに印象はアップします。

ぼそぼそとした話し方をすると、

不採用になる可能性があるので注意です。

また、礼儀正しいことが大切です。

敬語が話せないと、仕事を任せられないと思われてしまうので、
きちんとした話し方をしたほうが印象が良いですね。

接客のお仕事の場合、言葉遣いはすごく重要とされるポイントです。

面接質問何を聞かれる?

面接の時には、色々なことを質問されます。

この時にきちんとハキハキ答えられる人なのか見られています。

聞かれそうなことは、事前にどう答えるのか

考えておきましょう。

無言になってしまったり、沈黙の時間が長いと

不採用になる可能性があります。

志望動機は必ず聞かれる質問です。

なぜ、この会社を選んだのか、

どうしてここで働きたいと考えたのか

最初に聞かれることが多い質問なので、

答えられるようにしておきたいですね。

今までのアルバイト経験や前職を辞めた理由

今までの働いた経験や、なぜ辞めたのかよく聞かれることです。

この質問にも、答えれるようにしておきましょう。

学生の場合は、学校の行事が忙しかった。

テスト勉強をしたかった。

このように学校のイベントを理由にすれば問題はありません。

辞めた理由に関しては、ネガティブなことではなくて

ポジティブな理由のほうが面接には受かりやすいです。

学生なら、まだそんなに働いた経験がある人は少ないと思われるので、

以前の職場について聞かれることは少ないです。

ただ、ここで働いて大丈夫そうかな?

真面目に働いてくれるかな?

と思われるので、礼儀正しい態度、言葉遣いの良さは大事ですよね。

面接に受かるには、ここで働いても大丈夫そうだなと

信頼されることが大切なポイントです。

遅刻しないこと、休まないこと、

真面目に礼儀正しく働けること。

お店のイメージを悪くはしない人。

同じ場所で働きたいと思われる人になれば、採用率は上がります。

面接は第一通過

面接は、働く時の第一歩なんですよね。

面接官との相性が良ければ、即採用されることもありますが、

相性が悪いと、不採用になってしまうこともあります。

できれば相手に良い印象を与えて、

ここで働いてもらたいなと思ってもらえるようになりたいですよね。


スポンサーリンク




-生活の知恵

© 2022 サンシャイン