ペットによる火災の原因、もふもふプッシュに注意留守中、火事の原因ランキング


ペットによる火災は、年間数十件発生しており、
決して他人事ではありません。

1. 電気コードのいたずら

原因: 犬や猫がコードをかじって断線し、ショートして発火。

コード類はペットが届かない場所に設置する。
コードカバーや噛み防止スプレーを使用する。
留守番時はケージに入れるなど、コードに触れさせない。

コンロのスイッチ

原因: 犬や猫がコンロのスイッチを誤作動させ、火災発生。

対策:

コンロにはチャイルドロックを使用する。
ペットがコンロに近づけないように柵を設置する。
調理後は必ず火を消し、元栓を閉める。

原因: 犬や猫がコンロのスイッチを誤作動させ、火災発生。

3. 暖房器具

原因: ストーブやヒーターに可燃物を落下させたり、毛布などを被せて発火。

対策:

ストーブやヒーター周りに可燃物を置かない。
ペットガードを設置する。
使用後は必ず電源を切る。
倒れにくい形状のものを選ぶ。

4. 仏壇のろうそく

原因: 仏壇のろうそくがペットの毛皮に着火し、延焼。

ろうそくはペットが届かない場所に設置する。
不燃性の燭台を使用する。
火を灯す時は目を離さない。

ペット用のヒーターや加湿器の転倒・発火
ペットが誤ってマッチやライターをくわえて遊ぶ

鳥かごのヒーターが原因で発火

ペットが留守番中にいたずらをしそうなものは、事前に片付けておく。

万が一火災が発生した場合は、慌てずに落ち着いて行動する。

ペットも一緒に避難できるように、事前に避難経路を確認しておく。

ペットと安全に暮らすために、日頃から火災予防意識を高め、
適切な対策を講じることが大切です。

ペット以外の火事の原因ランキング

1位:たばこ

寝タバコや火のついたまま放置などが原因
特に高齢者男性の死者が多く、注意喚起が継続されている

2位:たき火

火の不始末や強風による延焼などが原因
春と秋に多く発生、農作業や行楽での注意が必要

3位:こんろ

揚げ物調理や煮込み料理中の火の不始末などが原因
都市部での発生が多く、一人暮らしの高齢者も要注意

4位:放火

悪意のある放火が大部分
住宅や車などがターゲットになりやすく、防犯対策も重要

5位:電気機器

コードの劣化や過負荷などが原因
高齢者世帯や古い木造建築物での発生が多い

6位:火入れ

落ち葉焚きや草焼きなどの火の不始末などが原因
春と秋に多く発生、周囲への延焼にも注意が必要

7位:こんろの異常

ガス漏れや部品の故障などが原因
定期的な点検や交換が重要

8位:子供

ライターやマッチで遊んだり、いたずらで火をつけたり
子供の年齢や行動に合わせた対策が必要

暖房器具

ストーブやヒーターなどの転倒や発火などが原因
冬に多く発生、使用時の安全対策が重要

火災を防ぐためには、火の取り扱いに注意することが重要です。

特に、たばこ、たき火、こんろの使用には注意が必要です。
また、電気機器のコードの劣化や過負荷を防ぎ、暖房器具は安全に使用しましょう。

火災発生時の初期消火も重要です。
消火器の設置場所を把握しておき、使用方法を理解しておきましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。