男は名前を付けて保存、女は上書き保存て本当?女性が別れた後あっさりしているのは・・・


「男は名前を付けて保存、女は上書き保存」という表現は、
男女の恋愛における記憶の保存方法の違いを比喩的に表したものです。

「名前を付けて保存」とは、過去の恋愛経験を個別にファイルのように保存し、
いつでも取り出して見ることができる状態

これは、男性が過去の恋愛を思い出として大切にしまっておく
傾向があることを表しています。

一方、「上書き保存」とは、新しい恋愛によって
過去の恋愛の記憶が上書きされてしまう状態。

これは、女性が過去の恋愛を忘れやすく、
新しい恋愛に集中しやすい傾向があることを表しています。

しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、
実際には男女個人差が大きいことを忘れてはいけません。

中には、「名前を付けて保存」タイプの女性や、「上書き保存」タイプの男性も存在します。

女性の中にもいろいろな人がいるということですね。

思い入れがあり、長くお付き合いしていた人のことは、そうそう忘れることはできないですね。

相手によっては、たまに個別のファイルのように取り出し、余韻に浸る、ということも現実にはあります。

それだけ特別だったのですね。

案外、短い間お付き合いしていた人よりも、長く長く片思いをしていて付き合えないまま、
告白もしてないまま疎遠になった人のほうがなぜだか覚えていたりもするもので・・・

付き合ってない人のほうが美化されていたりして、
あの時付き合えたらよかったな
デートしてみたかった・・・
なんて後悔もあります。

時が戻れるなら、好きな気持ちを隠さずにストレートに伝えるのにな・・・と。

好き、なことは伝えたほうがいい。

でも、若かりし頃は、伝えないまま、隠したまま言えない人も多いですよね。

だって、関係が気まずくなったらどうしよう。。とか

あなたを好き、恋愛対象として、なんて顔を見て言うの恥ずかしいんだもん。

なんか、告白ってハイリスクハイリターンみたいなもんですよね。

もし、OKされたら、

そしたら、大好きなあの人とデートに行って、

動物園に行ったり、遊園地に行ったり、一緒にお料理を作ったり・・・と妄想が広がりますが・・・

あの人が車で迎えに来て、それだけでもうれしいな・・・

そんなことができるようになるためには、気持ち伝えるという行動に出なければ・・

でも、OKじゃなくて、

ごめんね、他に好きな人がいるんだ。。と言われてしまったら

ガーン。

心に穴が開いたようにヒューっと寒くなる。

場合によっては、心臓が痛い・・というやつです。

本当に好きだと。

失恋て、乗り越えるのも一苦労です。

また、恋愛観や記憶の保存方法は、年齢や経験によっても変化する可能性があります。

若い頃は「上書き保存」タイプだった女性が、
年齢を重ねるにつれて「名前を付けて保存」タイプになることも考えられます。

重要なのは、男女それぞれの恋愛観や記憶の保存方法を理解し、尊重することです。








Translate »
テキストのコピーはできません。