本ページにはプロポーションが含まれています

会いたくない人に会わない方法、同窓会には行かない

シェアする





会いたくない人に会わない方法は、状況によって様々です。

会いたくない・・・

というネガティブな感情になる人もいますよね。

会うたびに不快な気もちになる。

好きではないし、相手からも嫌われている。

無視されたり、悪く言われたり、会うと嫌味を言われる。

不快感しかない。

特に何もないけど気まずくなった関係など・・・

断る

最も確実な方法は、会うことを断ることです。

同窓会なども、旧友と再会することがあるので、
会いたくない人がいれば行きません。

私の場合、偶然会いたくない人に会った場所には、もう二度と通らないようにします。
例えば、駅の改札やスーパーなども、会いたくない人がいた場所には、行かないようにする。
避けていると、会うこともなくなります。

気まずくなった関係や、昔好きだった思いがある人とも今となっては
特に会いたい気持ちもないので、スーパーで会っても知らないふりです。

既読無視をされたこともあるので、そうゆう人とは再会しても
お互いに気まずいだけ・・・

好きだよ、と言いあったのに、
相手はいつしか別の恋人を作っていた・・・

そうゆう関係はかなり気まずいです。

両想いだったのに片思い・・・

もう忘れるしかありません。

未練もなく、忘れたいです。

そして、あの人以上にステキな異性を見つけてやろうと心に決意しました。

相手からじろじろ見られても、気づかないふりでもいいですね。

これほど避けても会うことがあれば、ある意味、運命かも💛と思いますね。

なにか意味があって偶然かのように見えて必然的に会っている。

運命の導きを感じます。

仕事やプライベートの予定を理由に断れば、角が立ちません。
例:「申し訳ありませんが、その日は予定があって…」「体調が優れなくて…」など。
どうしても断りづらい場合は、代理の人に断ってもらうのも有効です。

会わない工夫をする

会う場所や時間帯をずらすことで、会わないようにすることができます。
例えば、二次会ではなく一次会のみ参加する、参加時間を遅らせるなど。
相手が参加するイベントや会合を避けるのも有効です。
SNSなどで相手の近況を把握し、鉢合わせしないよう注意しましょう。

どうしても会わなければならない場合

どうしても会わなければならない場合は、事前に心の準備をしておきましょう。
会話の内容や態度を想定しておくと、気持ちが楽になります。
どうしても苦手であれば、できるだけ短時間で済ませるようにしましょう。
周囲に助けを求めるのも有効です。
信頼できる人に相談したり、一緒に会ったりすることで、気持ちが楽になります。

相手に直接伝えるのも一つの方法です。
ストレートに伝えるのが難しい場合は、婉曲的に伝えることもできます。
例:「最近忙しくてなかなか会えなくて…」「今はちょっと距離を置きたい」など。
上記の方法を試しても会ってしまう場合は、無理に一緒に過ごそうとしないことが大切です。
自分の時間を大切にし、ストレスを溜めないようにしましょう。

ポイント

会いたくない理由は、相手に伝える必要はありません。
無理に会おうとせず、自分の気持ちを優先しましょう。
周囲の人に助けを求めることも大切です。
会いたくない人に会ってしまうことは、誰にとっても辛い経験です。上手に断ったり、会わない工夫をすることで、ストレスを軽減することができます。




シェアする

Translate »