スポンサーリンク



恋愛

あんなに好きだったのにどうでも良くなった、脈なしどうでもよくなる、恋愛感情急に冷める原因

彼氏があんなにも好きだったのに
なぜか急に冷めることってありますよね。

なにも理由がないわけではなく
きちんとした理由がそこにはありますね。

好きな時は、恋は盲目とも言える。

相手が好きな時は、良いところしか見えていないものです。

外見で好きなら、カッコイイ。

と感じたり胸がときめいたり。

恋は楽しいもの。

しかし、急にそんな気持ちが冷めてしまうことがあります。

片思いが長く続いて、好きという気持ちの楽しさよりも
苦しさ、辛さ、嫌な気持ちが続いた時。

自分だけがこんなにも好きで、相手には気持ちが伝わらない。
振り向いてもらえそうもない時。

アプローチしてみたけど脈なしと気づいた時。

告白してみたけど、振られた時。

相手には別に好きな人がいると聞いた時。

もういいや。この恋を忘れたほうが気持ちが楽になるな

と感じた時には

急激に気持ちが冷えていきます。

自分だけが相手を好きで、相手にはその気がなさそう。
と思う時。

そんな時にはもう諦めて次行こうって思いますよね。

頑張ってみたけど、相手はその気がない。
自分のことはきっと興味がないのだろう。

その気がない人に時間を使うのもつまらないことです。

脈ありにはならなさそう。

相手にしてもらえない。

と感じると、なんだか辛いですよね。

好きな人が出来たら、ある程度アプローチをしたり
デートに誘ってみて、告白してみてもダメだった。
それなら、さっさと諦めて次行こうと思うものです。

相手と距離を置いて、出来るだけ会わないようにしたり

避けるようにしたり

情報が入らないように引っ越してSNSも見ないようにして。

そのような気持ちの変化が訪れた時、

あんなにも好きだった人のことを忘れようとしているのですね。

そして、大事にしてくれない恋愛よりも、
自分をもっと愛してくれる幸せになれる恋愛を探しに行こうと思うもの。

新しい恋を見つけた時、

自分を大切にしてくれる恋人と出会えた時に、

人は過去の恋を忘れます。

上書き保存するように、以前のツライ恋はもう忘れてしまおうと
考えた結果、自然と思い出さないようになります。

例え、思い出したとしても、あの時の恋がそこまで幸せなものに思えない時
恋は盲目だった。

相手の外見しか見ていなかったな。

あまり自分を大切にしてくれる存在でもなかった。

内面的な支えとはなってくれた人じゃない。

など悪い面がクローズアップされて、あんなにも好きだったはずだけど
急に冷めた

という現象になるのです。


スポンサーリンク




-恋愛

© 2023 サンシャインライフ