期間工の仕事は貯金したいならうってつけ?そのワケを解説

この記事では、「期間工の仕事は貯金をしたい人には向いているか」をまとめてあります。

製造業界の大手企業では、他の業種とは比べ物にならないほどの好待遇で期間工を募集していますよね。

トヨタなどの世界的企業では、行政は右肩上がりの一方労働力が不足していて、高い給与や恵まれた福利厚生を整えてでも労働者に集まって欲しいんです。

一方その好待遇を見て、借金を返したい・貯金がしたいという人も多いもの。

実は期間工のお仕事は短期間でたくさん稼いで貯金をしたい人にはうってつけなんです。

その理由をご紹介しますね。

何と言っても給与や手当が高い

大卒(新卒)の平均給与が206万程度、高卒の平均年収は162万円程度と言われています。

そんな中、期間工の平均年収は300万円台後半~400万円台半ば。(手当金なども含む)

かなり稼げるんです。

そして期間工は大卒でなくても十分採用されます。

自分は高卒だから・・・と学歴コンプレックスを感じている人も心配無用です。

寮に入ると生活費がほぼかからない

期間工は各地に勤務先の工場がある為、寮に住み込むことがほとんど。

そこへの引っ越し代、移動費は会社が負担してくれます。

寮は家賃もかかりませんし、光熱費も無料。

布団などの寝具や冷蔵庫、テレビ、エアコンなども完備されているので新たに買ってそろえる必要もありません。

少々の着替えや私物を持ち込めば、すぐに十分暮らしていけるように配慮されています。

貯金をしたい人には、こういった「生活の準備費」はとても負担に感じますよね。

それがかからない、というのは大きな魅力です。

寮から職場へは、近い場合なら徒歩で通勤でき、遠ければ専用バスでの送迎がされるので交通費も不要。

さらに食堂も備えられており、栄養バランスの考えられた食事が安価で食べられます。

フルタイムで働いてからの自炊はキツイし、外食やコンビニでばかりでは出費もかさみ、体調も崩しやすくなりますよね。

食・住がほぼ保証されているので、生活費を大幅に抑えることができます。

寮生活だからこそ、あまりお金を使わない

生活が必要なものが大体揃っている寮の部屋は、逆に言えばあまり自分好みにカスタマイズすることはできません。

仕事も1週間交代で昼勤・夜勤を繰り返す場合が多いので、あまり遊び歩くこともできないです。

使わなければお金は貯まる。当たり前のことですよね?

  • 給与は他業種より高い
  • 生活費がほとんどかからない
  • 使う暇や場所があまりない

ということで、貯金をしたい・借金を早く返したい人には期間工の仕事はうってつけです。

お悩みの人は、検討してみてはどうでしょうか。

コメント