期間工のメリットはやっぱり○○!他にもたくさんあるって知っていますか?

製造業で募集されている期間工というお仕事スタイル。

製造ラインでの作業仕事なので大変な面もありますが、それを補っても有り余るメリットがたくさんあるって知っていましたか?

この記事では、期間工のメリットについてまとめてみました。

興味があるなら、最後まで読んでみてくださいね。

同世代よりガッツリ稼げる

今や大卒でも初任給は手取りで17万円に届きません。

その点期間工のお仕事は、30万円台半ばのお給料がゴロゴロしています。

スタートラインからほぼ倍の給料って、かなり人生設計が変わってきますよね。

企業によってお祝い金や慰労金が出ることも

入社が決まると、企業によっては30万以上のお祝い金が支給される場合も。

その前段階の説明会への参加や内定が出た段階でも数万の支給があるなど、なにかとボーナスのようにお金が出るんです。

他業種ではなかなか無いですよね。働き始める前に、月収以上の報酬を手にしてしまうんですから♪

学歴で給料に違いが出ない

一般的な企業では、大卒入社と高卒(または専学、短大卒)入社での初任給やその後の昇給ベースが違ってきます。

期間工は募集の時点から学歴はほとんど不要。

必要なものは健康と協調性、そして最低限の社会常識です。

事情があって学校を卒業して早く働きたいという人でも、高給取りになるチャンスがあるんです。

寮なら生活費がほとんどかからない

期間工求人には住み込みの寮が用意されています。

引っ越し代や家賃、水道光熱費は無料か格安(数千円)です。

部屋にはテレビやエアコン、冷蔵庫、寝具も無料完備で、着替え等最低限の私物ですぐに住み始めることができます。

栄養バランスが取れた食事が安く食べられる食堂も付いているので、疲れた体に鞭打って自炊をしたり、コンビニ弁当生活をせずに済むのも大きいですね。

職場へは徒歩でも通えるし、距離がある場合は送迎バスも用意されています(無料)

衣食住に交通費までほぼかからないので、貯金や借金返済を目指す人にはありがたい環境です。

「正社員登用制度あり」の期間工求人も!

期間工の求人の中には、正社員への登用制度が設けられているものも。

そもそも期間工を募集している企業は大企業が多く、大卒で入社しようと思ってもなかなかの狭き門。

そんな憧れの大企業に、期間工を経て正社員に採用される可能性があるというのはとても夢のある話。

実際にトヨタでは2015~2017年の3年間で1080名、スバルでは2018年2月1日まで延べ907名の正社員登用実績があります。

給料面以外にもたくさんのメリットがある期間工。

気になったら一度検討してみては?

コメント